顔のシミを取りたい。シミを消したい。出来れば自宅で自分で何とかしたい。わたしが顔のシミを取りたい時に試して良かった方法とあなたに役立つ情報をまとめてみました。今一番有効的なシミを取る方法とは?

顔のシミ取り自宅で取る方法【最新情報】

顔のシミを取りたい

シミが取りたい

20代のころに何も気にせず、日焼けをしてそのまま。。

そんな生活を続けていたせいで、30代初めからシミが気になり始めました。

正直、後悔しています。

もっと若いころから日々きちんとケアをしていたら、こんなに悩むこともなかったんだろうと。

悩んでいてもしょうがないので、シミを取るためにどんな方法があるのか色々と調べてみました。

選択肢は

選択肢は自分でするか、プロにしてもらうかを先ず決める必要があると思います。

シミを取る為に、

自分がどれくらいのお金を出すことが出来るのか?

そしていつまでに取りたいのか?

例えば、1カ月後に同窓会があるとか。

3週間後に気になる彼と初めてのデートをするとか。

期限が決まっているなら、絶対的にプロにお願いする必要があります。

プロとは

美容外科もしくは皮膚科、エステやサロンのどれかになります。

実は皮膚科でもシミは取れるんです。

ただ、美容外科は最新の器械や施術を行ってくれる可能性が高いです。

レーザー治療がシミ・くすみ・そばかす・黒ずみなどを取る方法のメインになります。

エステやサロンはシミを取るより予防の意味合いが強いです。

皮膚科では外用薬や内服薬。

塗り薬や飲み薬での対応がメインになります。

塗り薬

ハイドロキノン軟膏

漂白作用が強いのが特徴です。

トレチノイン軟膏

これは皮膚のターンオーバーを促し、メラニンを排出して潤いをよみがえらせる。

簡単に言うと、外部から自分の肌の復活力を助ける感じですね。

飲み薬

トランサミン

メラニン発生の一つとされる因子をブロックし、メラニン発生を抑制します。

ビタミンC誘導体

CMなどでも耳にしたことがあると思いますが、メラニンに働きかけ色素沈着を緩和します。

ビタミンE

ビタミンCと組み合わせると相乗効果が期待できる、若返り成分とも言われるのがビタミンEです。

L-システイン

メラニンの還元力が高い、美白効果が期待できます。これもビタミンCと摂取すると相乗効果が期待できます。

塗り薬が万が一肌に合わなくても皮膚科での処方なので、直ぐに別の治療薬・塗り薬を出してもらえる安心はあります。

そして費用は皮膚科が断然安くすみます。

保険もきくので普通に通院をするイメージで予算はOKです。

皮膚科での処方以外でも医薬品の塗り薬や飲み薬を入手する事は可能です。

きちんとした医薬品メーカーの公式サイトから購入出来ます。

医薬部外品という選択肢もあります。

*医薬品と化粧品の中間的な分類*

期限がかなり切羽詰っているなら美容外科でのレーザー治療です。

(皮膚科でレーザー治療を行っていても、保険適用外の可能性が強いです)

皮膚科での治療もある一定の期間は必要になります。

効果が感じられるまでに3カ月くらいは必要なようです。

シミ予防

お金がある人は、ケアもプロにして貰うことが出来ると思います。

エステやクリニックでの美白ケア。

でも、お金がそんなにない中での選択肢を私は探しています。

更新日:

Copyright© 顔のシミ取り自宅で取る方法【最新情報】 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.