顔のシミを取りたい。シミを消したい。出来れば自宅で自分で何とかしたい。わたしが顔のシミを取りたい時に試して良かった方法とあなたに役立つ情報をまとめてみました。今一番有効的なシミを取る方法とは?

顔のシミ取り自宅で取る方法【最新情報】

日焼け止め 女性

シミの予防

見えない顔のシミ?あなたのお肌も見えないシミが進行中かもしれない。

更新日:

自分の顔にもシミが進行中かもしれないと思ったら、父が情熱的に母を口説いていたことを知ったときの驚きです。

スキンケア 効果

肌に直接影響する2つの紫外線

スキンケアで忘れないでほしいのが紫外線のケアです。

メイクをしない日でも、紫外線をさけるためにUVクリームをぬることだけは欠かさないでください。

そもそも紫外線は、生物にとって有害な光線です。

そのため、私たちのからだには、紫外線の攻撃から肌を守るための防御機能があります。

実は日焼けも肌のバリア機能のひとつです。

紫外線はUV‐AとUV‐B、UV‐Cという3種類の光線から成り立っています。

肌に影響を与えるのはUV‐AとUV‐Bの2つです。

 

シワ・たるみも紫外線の影響

紫外線 3種類

紫外線の2つの光線、UV‐AとUV‐Bは波長の長さが違います。

肌にすぐ影響するのは、波長の短いUV‐Bのほうで、日焼けもUV‐Bによって起こります。

UV‐Bをあびると、表皮の一番下にあるメラノサイトという色素細胞が刺激されます。

刺激されたメラノサイトは多量のメラニン色素を生成します。

そのため肌が黒くなるのです。

一方、UV‐Aのほうは波長が長く、すぐには影響は出ませんが、肌の真皮にまで浸透し確実にダメージを与えていきます。

真皮の厚さと、肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンといった線維に悪影響を与えます。

そのため肌の弾力は失われ、シワやたるみをまねいてしまうのです。

 

シミのメカニズム

普通なら、メラニン色素はつくられても古い細胞と一緒にやがて代謝されていきます。

ところが肌の新陳代謝が衰えたり、あまりにも、日に長くあたりすぎて、メラニン色素が大量に放出されてしまうと、代謝しきれなくなり、肌の奥に長く残ります。

同じ場所に色素の放出が続くと、その部分が黒っぽくなり、シミになるわけです。

 

美肌にUVクリーム

日焼けすればするほど、色素細胞が手を結ぶようにつなぎ合わさり、肌を守り強くしようとします。

肌は日焼けによって、どんどん黒くなっていきます。

紫外線には温度や色がありませんので、自分があびていることになかなか気づけません。

 

紫外線指数が高くなるのは春先から初夏にかけて。この時期は肌の露出が増えはじめますから、もっとも注意が必要です。

紫外線はガラスや衣類も通してしまいます。

日焼けをしないためには、紫外線防止効果のある叩子や日傘、衣類などを身につける必要があります。

 

確実なのはUVクリームによるブロック。

UVクリームをぬることで肌の持つⅡ焼け防御機能をサポートするのです。

 

選ぶときはPAは++以上、SPFは50を!

日差しが強い

UVクリームには2種類のUV指数によって日焼け止め効果の目安が表示されています。

SPFとPAです。

PAはUV‐Aを防ぐ効果を示す指数です。

「+」、「++」、「+++」の3段階あり、+が3つ並んだほうが、カット効果は高いということです。

普段なら++、外にいる時間が長いときやスポーツをするときは+++のものを使いましょう。

SPFはUV‐Bを防ぐ効果を示す指数です。

数値で示され、50が上限です。

50以上の効果があっても、別としか表示されません。

 

SPFは、紫外線があたり、肌が赤くなりはじめるまでの時間をどれだけ延長させられるかが評価の基準になっています。

 

30なら通常の30倍、50なら50倍ということです。

 

でも、実際は汗をかいたりして、条件が変わってしまうため、30でも50でも、2~3時間を目安にぬり直したほうが安心です。

一般的には鋤で大丈夫だと言われますが、卵を使ってほしいと思います。

私たちは紫外線をさけて暮らすことができません。

生まれてから死ぬまであび続けざるをえないのです。

 

そのあいだ肌は確実にダメージをうけ続け、それが直接肌の老化につながります。

また、皮膚がんなどの問題もあります。

本来あびないほうがいいものなので、カット効果がより高いものをつけてほしいと思います。

 

「UVクリームは肌に負担がかかる」はウソ

日焼け止め 女性

SPFの数値が高いと、肌へのダメージが大きいという誤解があるようですが、肌に対する刺激は、15でも50でもあまり変わりありません。

どのレベルのSPFのクリームを使っても、その前にきちんと保湿ケアをしていれば、肌がダメージをうけるようなことはありません。

ただしすでに肌荒れを起こしている場合は、よけいに荒れてしまうことはあります。

近頃ではSPF50で保湿成分や美容成分が配合されたUVクリームが市販されています。

毎日使うならこちらがおすすめです。

 

化粧下地もUV効果のあるものを!

まず、朝のスキンケアがおわったら、化粧の下地にはUVクリームをぬってください。

そのうえでファンデーションを使います。

以前のUVクリームは、かたくて重くて、つけ心地のよくないものもありましたが、近頃は化粧下地用のものでSPFの高い化粧品が市販されています。

顔だけでなく、首や手、耳の後ろなど、露出しているところはまんべんなくぬるように。

ぬったつもりが一番危険です。

ぬり残しをつくらないように気をつけましょう。

 

朝ぬっただけでは効果なし!

UVクリームの効果が持続するのは2~3時間です。

スポーツなどで汗をかいた場合、1時間ももちません。

 

1日数回はぬり直してください。

ぬり直しといっても、メイクの上からでかまいません。

 

UVクリームを手に取ってよく伸ばし、肌に置くように重ねてぬっていけばいいのです。

肌は常に新陳代謝を繰り返しています。

 

朝つけた古いUVクリームが、真皮へと浸透していくことはありませんから、気にせず2~3時間に1回ぬってください。

とくに頬骨の上は、顔全体にUVクリームをぬったあと、再度重ねてぬってほしいくらいです。

 

顔のなかで高くはりだしていて、紫外線があたりやすいため、紫外線による乾燥やシミなどの肌トラブルが起こりやすい部分だからです。

 

肌がもともと薄いので、あまりひっぱったりこすったりしないように、クリームをよくねって伸ばし、人差し指、中指、薬指の腹を左右の頬骨に重ね合わせるように置き、軽くおさえます。

 

そのままでもかまいませんし、さらに仕上がりよくカバーしたければ、UV効果のあるパウダーファンデーションをつけるといいでしょう。

夏にこのケアを怠らないことが、秋から冬にかけての本格的な乾燥シーズンをのりきる秘訣です。

 

ある日突然シミがあらわれる

日焼けが怖いのは、すぐにダメージが出るわけではないところ。

10~20年というメラニン色素の長い蓄積のもと、ある日突然シミとなってあらわれるのです。

 

これを防ぐには、皮脂をキープして肌のバリア機能を高めておくこと、ターンオーバーがスムーズにおこなわれる代謝力のある健康な肌にしておくこと、そしてできる限り紫外線をブロックすること。

私は、日頃から保湿効果のあるUVクリームを手元に置いて、2~3時間に1回、頬骨や目のまわり、頬など、肌の薄い部分に重ねぬりしています。

 

紫外線から肌を守るだけでなく、乾燥によって皮脂が奪われるのも防ぐことができます。

もちろん保湿クリームとUVクリームをそれぞれぬってもかまいません。

 

その場合は、まず保湿クリームをぬって、次にUVクリームを重ねてください。

UVクリームのつけ心地がかたかったり重かったりするときには、保湿クリームと一緒に手でよくねってまぜ合わせてぬってもいいでしょう。

-シミの予防

Copyright© 顔のシミ取り自宅で取る方法【最新情報】 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.