スキンケア

肝斑(かんぱん)の原因と女性ホルモンの関係

投稿日:

肝斑(かんぱん)の原因は何?

肝斑(かんぱん)というのは女性に多い皮膚症状の一つで、頬骨あたりに左右対称にあらわれるシミのことです。

色が濃く、範囲も広いのでメイクなどで隠すことも難しいものです。

主に30〜40代頃にあらわれ始め、50〜60歳頃には徐々に薄くなってきます。

肝斑はシミのように見えますが、いわゆるシミとは違うものです。

シミと同様、紫外線に当たり続けていることで出やすくなるものですが、基本的には体の内側が原因となっているケースが殆どです。

肝斑が出来る原因には様々なものがあり、ストレスや加齢、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。

ピルを飲んでいる方にも出やすい傾向にあります。

通常のシミケアではなかなか効果が得られないので、もしも美白ケアをしているのにドンドン広がっていっているのであれば肝斑を疑ってみる必要があります。

 

肝斑(かんぱん)は女性ホルモンのバランスが問題?

肝斑(かんぱん) には女性ホルモンが大きく関わっていると言われています。

女性ホルモンが最も活発になる30〜40代の女性に多く発症し、閉経とともに薄くなっていく傾向があります。

妊娠・出産がきっかけとなって発症する方も少なくありません。

逆に、高齢者の方にはほとんど発症することがないのも特徴の一つです。

時間が経てば徐々に目立たなくなってくるとは言え、やはり顔の印象を大きく変えてしまうため、気になる方はほとんどでしょう。

肝斑の治療を行うためには、ホルモンバランスを整えてあげることが大切です。

ホルモンバランスは睡眠不足や生活スタイルの乱れ、ストレスなどでも崩れてしまいますので、出来るだけ規則正しい生活を心がけ、心と体をリラックスさせてあげることが大切です。

 

まとめ

肝斑(かんぱん)を治療していくためには体の内側と外側、両方からケアしていくことが大切です。

まずは皮膚科でシミなのか、肝斑なのか診断をしてもらうようにしましょう。

トラネキサム酸配合のビタミンCや、女性ホルモンを整えるための漢方薬などが出されることもあります。

病院によってはレーザー治療などを行っているところもありますので、どうしても気になる方は相談してみられるといいでしょう。

また、肝斑を悪化させないようにすることも大切です。当然紫外線なども肝斑を悪化させる原因の一つですので、外出する際には日焼け止めや日傘などで紫外線対策を行うようにしましょう。

肝斑を治療していくのには根気が必要です。焦らずじっくりケアし続けていくようにしましょう。

-スキンケア

Copyright© 顔のシミ取り自宅で取る方法【最新情報】 , 2018 All Rights Reserved.