顔のシミを取りたい。シミを消したい。出来れば自宅で自分で何とかしたい。わたしが顔のシミを取りたい時に試して良かった方法とあなたに役立つ情報をまとめてみました。今一番有効的なシミを取る方法とは?

顔のシミ取り自宅で取る方法【最新情報】

美肌成分

肌の成分を理解して美肌になる

更新日:

肌そのもの

スキンケアに有効な成分として注目されているものには、

コラーゲンやヒアルロン酸など、

もともと肌に存在していて、

美しさを守るために

重要な役割を果たしているものもあります。

 

それぞれの成分の体内での働きを

もう一度おさらいしておきましょう。

 

肌のハリをつくる「コラーゲン」

近年、美肌成分として、

もっとも注目を集めているコラーゲン。

 

もともとは、

線維芽細胞によってアミノ酸からつくられる物質で、

皮下組織の弾力を維持したり、

丈夫な真皮をつくったりしてカラダを守っています。

コラーゲン 皮膚の改善

 

体内でのコラーゲン合成能力が衰えると、

肌のハリが失われ、

シワやたるみができやすくなります。

 

 

そこで、

肌のコラーゲンと同じ組成を持つ動物などのコラーゲンを、

コスメやサプリメントに配合して、

肌に弾力を与えようというわけです。

 

 

ただし、コラーゲンの分子は大きいため、

そのままの状態では、

肌の表面から塗っても奥まで浸透しません。

 

 

従って、市販されているコラーゲン配合のコスメは、

どの程度までコラーゲンを加水分解しているかで、

その効果は違ってきます。

 

 

また、コラーゲンはタンパク質のかたまりですから、

そのままの状態で飲むと、

体内でいったんアミノ酸レベルまで分解されます。

 

 

バラバラになったアミノ酸が肌まで送り届けられ、

無事コラーゲンとして再生されるかどうかは不明です。

 

 

コラーゲンのサプリメントやドリンク剤は、

あくまで肌の栄養源であるアミノ酸補給と

とらえておいた方がよいでしょう。

 

 

コラ—ゲンと協力する「エラスチン」

コラーゲンと同じく線維芽細胞によってアミノ酸からつくられる物質で、

コラーゲンと協力して皮下組織を形成し、

肌の弾力やハリを維持するのがエラスチンです。

 

エラスチン コラーゲンとの関係

エラスチンもまたタンパク質のかたまりですから、

コスメやサプリメントで補う場合は、

エラスチンとしての効果を期待するより、

肌に栄養を与えていると考えるべきでしょう。

 

肌のみずみずしさを保つ「ヒアルロン酸」

「うるおい成分」として知られるヒアルロン酸は、

ムコ多糖類(アミノ糖を構成成分として含む多糖の総称)の一種。

 

コラーゲンと同じく皮下組織を構成する成分のひとつで、

肌の弾力を保つと同時に、

水分を吸看して肌に潤いを与えています。

ヒアルロン酸とコラーゲンとエラスチン

その保水力は非常に高く、

わずか1グラムで6リットルもの水を

抱え込む力があると言われています。

 

皮下組織の水分含有率は、

25歳を過ぎる頃から少しずつ減少していきます。

 

 

これは、成長ホルモンがヒアルロン酸の生成に関与しており、

20歳から30歳にかけて体内の成長ホルモン濃度が

急速に低下するためではないかと考えられています。

成長ホルモン グラフ

 

ヒアルロン酸は動物の目や関節に多く含まれる成分なので、

食事から補給するのは容易ではありません。

 

 

そうかと言って、皮膚の表面から塗っても、

肌の奥深くまで浸透するかどうかはわかりません。

 

 

有効なのは、サプリメントです。

 

ヒアルロン酸を配合したサプリメントを一日12Oミリグラム摂取し続けると、

皮下組織の水分量が高まり、

シワが軽減することが確認されています。

 

ちなみに、

ヒアルロン酸の生成に関わるとされる成長ホルモンを補うことも、

皮下組織に潤いを与え、

みずみずしさと弾力とを取り戻すうえで、

非常に効果があります。

スキンケア効果 シミのないお肌

表皮を乾燥から守る「セラミド」

アミノ酸のセリンを原料に表皮細胞によってつくられるセラミドは、

角質層の細胞と細胞を接着する働きを持つ細胞間脂質。

 

表皮のキメを整え、

肌内部からの水分の蒸発を防いで、

潤いを保ちます。

 

不足すると、

肌が乾燥してバリア機能が低下し、

肌卜ラブルが起こりやすくなります。

 

アトピー性皮膚炎による乾燥肌も

セラミド不足が原因と考そられています。

セラミドと肌の関係

コスメでセラミドを補うときは、

皮脂によってはじかれてしまわないよう、

よく洗顔をしてから塗ることが大切。

 

米ぬかから抽出されたセラミドは、

肌のセラミドと同じものなので、

とりわけ肌への浸透度が高く、

おすすめです。

 

皮脂成分のひとつ「スクワラン」

皮脂を構成する成分のひとつ。

 

コスメやサプリメントには、

深海ザメの肝油から抽出した

スクワレンを加工したものがよく使われています。

 

 

スクワランには抗酸化作用があり、

健康効果を狙ってサプリメントもつくられています。

 

しかし、体内から吸収させると、

カラダのどこに優先的に使われるのかわかりません。

 

皮脂不足による肌の乾燥を防ぐには、

直接肌に塗るコスメがおすすめです。

 

肌の弾力や潤いを維持する「コンドロイチン硫酸」

皮下組織を構成する成分のひとつで、

ムコ多糖類の一種。

 

コラーゲンとエラスチンによってつくられたスポンジ状の士台の中に、

ヒアルロン酸やグルコサミンなどと一緒に詰まっていて、

皮下組織に弾力を与えています。

 

コンドロイチン硫酸は、保水力に優れていて、

肌の弾力を維持すると同時に、

潤いを与王てもいます。

 

赤ちゃんの肌がみずみずしいのは、

コンドロイチン硫酸が多く含まれているからです。

 

ところが、加齢とともにコンドロイチン硫酸の量が減ってくると、

皮下組織の水分量はどんどん減少していきます。

 

年をとると、肌のハリが失われ、

シワができやすくなるのは、

コンドロイチン硫酸の減少による水分不足も

要因のひとつと考えられています。

シワが増えた女性

また、量はわずかですが、コンドロイチン硫酸は、

真皮のコラーゲンの隙間にも存在しています。

 

真皮は、表皮のいちばん下にある基底層を、

さらにその下から支えていますが、

真皮のヒアルロン酸が減少して機能がダウンすると、

その上の表皮の生理活性も低下してしまいます。

 

コンドロイチン硫酸を補うには、肌の上から塗るより、

サプリメントを使う方が効果があります。

サプリメント 効果

フカのヒレから抽出したコンドロイチン硫酸を使ったサプリメントは

体内への吸収率がよく、

1ヵ月続けて摂取した人の88パーセントに

乾燥肌の改善が見られたとの報告もあります。

みずみずしい肌の女性

 

肌に弾力を与える「グルコサミン」

 

コンドロイチン硫酸と同じくムコ多糖類の一種で、

皮下組織のコラーゲンとエラスチンの隙間にあって、

組織を結合し、

クッション剤となって肌に弾力を与えています。

 

 

グルコサミンのサプリメントは、

美肌成分としてより、

膝軟骨の再生を促す成分としてよく知られています。

グルコサミン 軟骨

 

グルコサミンは

コンドロイチン硫酸の合成を促す作用があるので、

併用することで、美肌づくりに貢献します。

 

まとめ

現代社会の食生活では

どうしてもお肌に良い栄養分を

しっかりと取ることが難しいのが

現状です。

 

自分に足りない栄養分を

きちんと見極めて

サプリメントで補いましょう。

 

PS

美白化粧品をあきらめかけている人は

何を使っても効果がなかった人へ

 

これが最後の美白です!

シミを予防する製品と

シミを薄くする製品の差を感じてください!

自信の365日返金保障!

驚きの98.5%のリピート!

 

今だけ

トライアルセットが

71%OFFの

6,412円1,800円

今だけなのでお早めに!

-美肌成分

Copyright© 顔のシミ取り自宅で取る方法【最新情報】 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.