顔のシミを取りたい。シミを消したい。出来れば自宅で自分で何とかしたい。わたしが顔のシミを取りたい時に試して良かった方法とあなたに役立つ情報をまとめてみました。今一番有効的なシミを取る方法とは?

顔のシミ取り自宅で取る方法【最新情報】

シミのない肌

美肌成分

美白効果アリ?注意が必要な美容液とは?

投稿日:

美容液は女性の必須アイテム。

美容液には、さまざまな効果がある美容成分が配合されています。

 

基本的にシミ、シワなどはすべて肌の乾燥から生じます。

迷ったら肌の水分を保つセラミドやヒアルロン酸が配合された美容液を選びましょう。

 

アミノ酸なども、肌をふっくらさせ、シワの解消に役立ちます。

 

また、ビタミンC誘導体は、メラニンの生成をおさえ、シミの予防にも効果があります。

 

ただし皮脂の分泌をおさえる働きがあるのと、紫外線に弱いため、保湿ケアとUVケアが必須です。

 

最近人気の成分に、美白効果が高いハイドロキノンがあります。

 

もともと医薬品として使われていたもので、より効果的にシミを薄くできるとうたっているものです。

 

しかしこの成分は作用が強く、酸化しやすいという特徴があります。

肌が弱い人は炎症を起こすことがあるので、注意が必要です。

 

保湿が一番大事

美容液は、美容成分を肌になじみやすく、とどまりやすくするため、ジェルタイプや乳液タイプのものが一般的です。

美容液の効果を最大限に引き出すためには、洗顔後、化粧水をつけたあとがベスト。

化粧水でうるおっているうちにぬったほうがなじみやすくなります。

先ほども書いたように、美容液は水分を多く含んでいますので、保湿用のスクワランオイルやクリームは美容液のあとにぬります。

先にぬってしまうと油膜で美容液がはじかれてしまうからです。

美容液後の保湿も忘れずに。

 

オススメの保湿

保湿といえば化粧水や美容液を先ず思い浮かべます。

 

保湿は潤いです。

きちんと仕組みを理解していないと、間違ったケアを行います。

 

お肌の保湿は角質層がポイントです。

○○ラップと同じ厚さの角質層。

たった0.02mmしかない角質層がお肌の潤いを守っています。

 

こんなに薄いゾーンで潤いが守られているって、信じられませんよね。

 

角質層が内部から蒸発しようとする水分を止め、外部からの水分の侵入を防いでいます。

外部から水分をドンドンと吸収していたら、お肌はブヨブヨにふやけます。

 

角質層の外側にある、皮脂膜がふやけているだけで、お肌の中までは水分は侵入していません。

 

角質層はケラチンタンパク質で出来ています。

そして、潤いは皮脂も重要です。

 

皮脂も水分の蒸発を防いでいます。

 

洗顔をする時の温度は、人肌程度。

38度までが良いとされています。

 

それ以上高温になると、皮脂がドンドン奪われます。

 

皮脂と水分が適度に保たれることが保湿です。

 

保湿をするには、洗いすぎないことが先ず大事なポイントになります。

皮脂を奪い過ぎない事。

シミのない肌

 

 

 

-美肌成分

Copyright© 顔のシミ取り自宅で取る方法【最新情報】 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.