顔のシミを取りたい。シミを消したい。出来れば自宅で自分で何とかしたい。わたしが顔のシミを取りたい時に試して良かった方法とあなたに役立つ情報をまとめてみました。今一番有効的なシミを取る方法とは?

顔のシミ取り自宅で取る方法【最新情報】

シミの予防

紫外線のメリットって??

投稿日:

「日に当たると骨が丈夫になる」

と聞いたことがありますか。

日光 あたる

紫外線には

たったひとつのメリットがあります。

 

それは、

皮膚でビタミンDを合成することです。

 

ビタミンDは

骨をつくるときに必要であるほか、

さまざまなガンを予防する

作用を持つことが最近わかってきました。

 

 

そういう意味では、

ある程度の紫外線は健康のために必要です。

 

でも、紫外線は老化の元凶であるのも事実。

 

また、

浴びすぎると

皮膚ガンの原因にもなります。

 

ビタミンDをつくるために

必要な紫外線量は、

わずかです。

 

 

両手のひらくらいの面積で

30分くらい日に当たれば十分で、

日光浴 女性 シミ

 

日焼け対策をしていても

その程度の紫外線は

浴びているといわれます。

 

紫外線は衣類も通すことなどを考えれば、

通勤や買い物の間だけでも

多少の紫外線は浴びているものです。

 

ただ、紫外線が怖いからといって

「昼間は外に出ない」

などという人がいますが、

そのような極端なことをすれば

ビタミンDが不足する可能性はあります。

 

最近、

欧米ではSun Smartという言葉が

使われます。

 

賢く日に当たろうということです。

 

適度の紫外線は必要ですが

適度というのはごくわずかであり、

何もガードしていない人は

間違いなく浴びすぎです。

シミ 日焼け 予防

 

なお、ビタミンD欠乏に

特に気をつけないといけない時期は、

①妊娠後期、

②15~18歳くらい、

③70歳以上です。

 

人間の骨が成長するのは、

胎生後期

(お母さんのお腹にいるときの、最後の2,3カ月)と

10代後半です。

 

この時期にカルシウムが

最も効率よく骨に吸収されます。

 

また高齢者の場合は

ガン予防の観点から

ビタミンDが重要であること、

 

加齢によってビタミンD合成能力が

低下することから、

ある程度の日光浴が必要です。

日光浴 シミ

 

よって、

①②③に該当する人は、

完全なる日陰生活をしてはいけません。

 

シミ予防を意識しつつ、

上手に日に当たりましょう。

 

ビタミンDは食品にも含まれており、

魚(特にうなぎ、さんま、鮭)、

干ししいたけなどですが、

食品だけから十分な量を摂収することは

①②③のステージにある人には困難です。

 

ビタミンDのサプリメントもありますが、

妊娠中の人や子供にとって

安全とはいい切れないので、

食べ物からある程度とって、

足りない分は上手に

日光を利用しましょう。

太陽 日焼け シミ

 

ビタミンD合成に働く紫外線は

波長290~315ナノメートルのUVBです。

 

室内に入りやすいのはUVAで、

UVBはガラスなどに

さえぎられやすい性質を持ちます。

 

よって、

室内で日に当たっても

あまりビタミンD合成には

役立たないといえます。

 

UVBは雲でも同様にさえぎられてしまうため、

晴れた日に1日分程度は外に出ましょう。

日焼け 紫外線 シミ

-シミの予防

Copyright© 顔のシミ取り自宅で取る方法【最新情報】 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.