顔のシミを取りたい。シミを消したい。出来れば自宅で自分で何とかしたい。わたしが顔のシミを取りたい時に試して良かった方法とあなたに役立つ情報をまとめてみました。今一番有効的なシミを取る方法とは?

顔のシミ取り自宅で取る方法【最新情報】

洗顔 泡立て

スキンケア

実はNGだったスキンケアの秘密

投稿日:

ずーっと間違えていました。

スキンケア NG

スキンケアの王道だと思っていた○○がNGだったなんて。。

ご紹介しますね。。

 

やってはいけない「泡立て洗顔」!

洗顔 泡立て

ナチュラルメイクやすつぴんで過ごした日は、クレンジングを使わず、洗顔料で洗うだけで十分汚れは落ちます。

クレンジングに比べると、界面活性剤の量も少ないため、肌への負担が少ないのです。

洗顔するときに固形石けんを使う時は、洗顔後の乾燥によるつっぱり感をおさえる効果のあるものを選んでください。

美容成分が入っている顔専用がいいでしょう。

また、肌のことを考えると、できるだけ泡立ちの悪いものを選ぶようにしてください。

なかには、泡立て用のナイロンスポンジでふわふわの泡をつくり、たっぷりと顔にのせて、泡を潰さないように振動洗い、いわゆる「泡立て洗顔」を実践している人も多いと思います。

肌にいいイメージがあると思いますが、実はこれはNG。

泡立てたことによって、洗顔料の表面積が広がってそのぶん肌への吸着面が州え、泡立てずに洗顔するときよりもずっと洗浄力が強くなってしまうのです。

洗浄力が強いと、必要な皮脂まで奪われてしまい潤いが無くなります。

自浄能力を信じることが大事です。

 

物足りない

洗顔 泡立て

乳液タイプやクリームタイプの洗顔料は、ぶどう1粒ぶんとか2センチぶん出す、などと表示されています。

しかし、それよりもやや少ない量を取り、水で薄め、泡が立ちすぎない程度によく伸ばします。

あとはクレンジング剤での洗顔と同じ。

Tゾーンなどの脂っぽいところからつけはじめます。

目のまわりや頬には直接つけず、洗い流すときに手に残っている洗顔料だけで。

軽いタッチで、くるくると指をすべらせます。できるだけ短時間ですませ、流すときはこすらず、水を何度もかけて、洗顔料をよく流してください。

洗いすぎはよくありませんが、洗い残しの洗顔料があるのも肌によくありません。

 

角質にこだわりすぎない

ピーリング

洗顔料を選ぶときはスクラブやピーリング剤が入ったものは出来るだけさけてください。

スクラブ入りの洗顔料には、細かい粒子が含まれ、この粒子が毛穴などの汚れを落とすとうたわれています。

実はこの粒子、塩や米ぬか、あずき、くるみの殻や貝殻を細かくしたものから、ビックリすることに砂まで使われています。

大きな毛穴の入り口の汚れくらいは取れるかもしれませんが、その効果より、肌を傷つけるデメリットのほうがはるかに大きいのです。

毎日スクラブ入りの洗顔料で洗ってしまうと、肌が細かい傷でボロボロになります。

男性用の洗顔などはスクラブ入りが非常に多いのですが、男性だからと言ってお肌に良いわけではありません。

 

わたしの友達は、高校生の頃にスクラブ入りの洗顔で洗ったために、ニキビがつぶれてしまい今でも痕になっています。

後悔しても仕切れないと言っています。

 

ピーリング剤も肌の表面をけずってしまいます。

ピーリングについてはのちほど詳しく説明しますが、フルーツの酸などを配合しているものには、角質を溶かす作用があります。

古い角質を効率よく取り除くことはできますが、これを毎日の洗顔でおこなっていると、新陳代謝を助けるどころか、必要な角質がはがれ続けることになるのです。

 

お肌は、自分で再生をします。

無理に皮を剥いたり角質を落とそうとしなくても、自然とターンオーバーで剥がれていきます。

-スキンケア

Copyright© 顔のシミ取り自宅で取る方法【最新情報】 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.