顔のシミを取りたい。シミを消したい。出来れば自宅で自分で何とかしたい。わたしが顔のシミを取りたい時に試して良かった方法とあなたに役立つ情報をまとめてみました。今一番有効的なシミを取る方法とは?

顔のシミ取り自宅で取る方法【最新情報】

スキンケア 効果

シミの予防

スキンケアの効果って感じてますか?

更新日:

美しい肌

透明感のある肌になりたい。

シミやシワのない肌になりたい!

多くの女性の願いです。

スキンケア 効果

肌の印象で、その人の見た目年齢が変わります。

 

いくつになってもキレイな人は、

美しい肌をしています。

 

あなたも感じていることだと思いますが、

肌の調子がいまいちだと、

なんとなく1日のテンションが落ちたままです。

 

逆に、美しい肌であれば、

自然と気合いも入ります。

 

誰かに会うときも自信が持てるし、

仕事も日々の生活もハリがでます。

 

あなたの人生そのものが

全く違うステージに。

 

肌のコンディションは

女性にとって重要なものです。

 

いい化粧品でも「使い方」次第

スキンケア 効果

肌を美しく保つために、

あなたもさまざまな努力を

していると思います。

 

「肌にいい」と聞けば、

化粧品も美容法も

片っ端から取り入れてみる、

という人も。

 

結果は??

 

その努力があなたの肌に

きちんと効果が出ていますか?

 

スキンヶァに熱心な人ほど、

いろいろ試しますが

思ったように肌の調子は

よくならないようです。

 

お肌あるあるですね。

 

新しい化粧品を試してみたり、

今のお手入れ方法に

手を加えてみたり。

 

でも、やっぱり肌の訓子はいまいち。

 

それどころか、

逆にシミやシワが増えてしまったという人も

少なくないようです。

 

こんな悩みを抱えている人は、

洗顔に始まる基本的なお手入れのしかたを

誤解していることが多いようです。

 

さまざまな美容成分が入った

高機能商品があふれています。

 

どんなにいい成分が入っていても

スキンケアのもっとも大切な

「基本」が間違っていたら。。。

 

逆効果になってしまいます。

 

肌にいいと思ってしていることで、

肌をどんどんいため、

「老け肌」

にしてしまっている

可能性もあるのです。

 

洗顔の誤解

スキンケア 効果

スキンケアといえば

「汚れを落とすこと」

と思っている人がほとんどでは?

 

確かに間違いではありません。

 

でも、ちょっとした誤解があります。

 

たとえば、

メイクが肌に残ったままになると

色素沈着が起こると

言われることがあります。

 

それは事実ではないそうです。

 

たっぷりの泡で

洗顔するほうが肌に刺激が少ない。

 

実はこれも間違いです。

 

洗顔ひとつをとっても、

このような間違いに気づかずに、

毎日のケアをしている人が

たくさんいます。

 

あなたも、

家に帰ったら

すぐにメイクを

落とさなくてはいけない!!

と思っていませんか?

 

メイク落としは徹底的に、

アイメイクやリップに

専用のリムーバーを使っていませんか?

 

朝も、夜と同じように

洗顔料を使って顔を洗っていませんか?

 

わたしはそうしてました。。

 

顔をきれいに洗って、

いったんすべてを取り除き、

化粧水や美容液、乳液、

クリームをつける。

 

こんな習慣がいつの頃からか、

当然のようになっていませんか?

 

でも、ここに大きな落とし穴があるのです。

 

「弾力」と「伸び」が美肌

スキンケア 効果

スキンケアは、やり方次第で

肌をいためてしまうことがあります。

 

「洗顔のしすぎ」によって

肌の調子をくずしている人が

本当に多いのです。

 

洗顔料をたっぷり手に取って

たっぷり泡立てて顔全体を洗い、

顔が突っ張るまでお湯で流し、

最後はタオルでゴシゴシ

こするようにしてふく。

 

確かにスッキリするかもしれませんが、

この洗顔では本来肌にとって必要な

皮脂や角質まで取り除いてしまいます。

 

その結果、

何が起こるかといえば

「乾燥」です。

 

美しい肌の条件は、

「弾力」と「伸び」

 

この弾力と伸びが

モチモチ感を生み出しているのです。

 

その大敵が

「肌の乾燥」なのです。

 

乾燥は、

肌のカサつきやくすみ、

そしてシミやシワの原因となり、

肌を一気に老化させてしまいます。

 

シミ・シワが出来る理由

スキンケア 効果

肌の「弾力」

「真皮の厚さ」で決まります。

 

肌は大きく分けて

3層からなっています。

 

表面に近い表皮、

その下の真皮、

そして皮下組織。

 

真皮は一番厚みがあり、

ふっくらしていると

弾力のある肌になります。

 

この真皮は、

コラーゲンやエラスチンなどの

線維からできていて、

その線維の隙間を、

水分を保つ力を持つゼリー状の

ヒアルロン酸などが埋めています。

 

コラーゲンやエラスチンは

年齢とともにどんどん減少し、

そのため真皮が薄くなっていきます。

 

年齢を重ねると、

肌の弾力が失われ、たるんだり、

シワができやすくなるのは

このためです。

 

コラーゲンやヒアルロン酸が

肌にいいといわれているのは、

弾力をつくるもとになっているからです。

 

エイジングケア

スキンケア 効果

たとえば10代と50代では、

真皮の厚みは約1ミリ変わります。

 

誰もがさけられない事実。

 

だからこそ、日々のスキンケアが

特に重要になってきます。

 

「正しいスキンケア」ができているかで

「肌の老化」のスピードを

遅らせることはできるのです。

 

スキンケアには、

日々の食事、

質の良い睡眠などの

体内ケア。

 

美容クリームなどの

体外ケア。

 

二つが揃って初めて

「輝きのある美肌」は実現するのです!!

 

理想的な食事

スキンケア 効果

大事なのは、

バランスよく栄養をとること。

 

忙しくて朝や昼に食事がとれないと

心配する人もいると思いますが、

1日の食事のなかで、

さまさまな食材を

バランスよくとっていれば大丈夫。

 

排出されやすいビタミン、ミネラルなど、

「肌に効く」栄養素は、

サプリメントを活用すればOK。

 

食生活を改善するだけでも

肌の状態はアップしていきます。

 

規則正しい食生活、

バランスのとれた食生活は、

からだそのものを健康にしてくれます。

 

肌はもちろん、

髪にツヤが出て、

疲れが取れ、

やる気も出てきます。

 

化粧品だけに頼らず、

日々の生活を見直すことが

非常に大事です。

 

肌はたんぱく質

スキンケア 効果

肉、魚、卵、乳製品。

 

高カロリーでダイエットの敵!と思い、

さけてしまう女性も多いでしょう。

 

それらの食品に多く含まれる

たんぱく質は、筋肉や骨、肌、

血管などをつくる主要成分。

 

弾力のある肌をつくるコラーゲンも

たんぱく質のひとつです。

 

女性のからだを司る

女性ホルモンの材料も

たんぱく質なのです。

 

たんぱく質が不足すると、

肌に影響が出ますから、

肉、魚、卵、乳製品などを

きちんと1日の食事のなかで

とることが大切。

 

大豆も良質なたんぱく質が

豊富に含まれている食品として有名です。

 

大豆に含まれるイソフラボンは

女性ホルモンのエストロゲンと

よく似た働きをするため、

女性ホルモン不足を補う効果もあります。

 

納豆や豆腐などは低カロリーで

女性にとってうれしい食材です。

 

サプリメントとして

プロテイン(たんぱく質)のパウダーを

牛乳などに溶かして毎日飲むことを

習慣にしてもいいでしょう。

 

大豆プロテインなら、

カロリーをおさえながら

たんぱく質不足を補うことができます。

 

たんぱく質をとっていないからだは貧弱で、

肌はもちろん、髪の毛のツヤも失われ、

爪ももろくなります。

 

1食に1品、たんぱく質を含む食材を

とるようにしてください。

 

年齢を重ねていくと、

あっさりしたものを好む人が増えますが、

とくに閉経後など女性ホルモンが減少しているときは、

たっぷりと栄養をとることが必要です。

 

緑黄色野菜の力

スキンケア 女性

たんぱく質とともに欠かせないのが

緑黄色野菜です。

にんじん、トマト、かぼちゃ

ピーマン、小松菜、ほうれん草、

ブロッコリー。

 

色とりどりの野菜を

たっぷりとってください。

 

緑黄色野菜には、

ビタミンA、B、C、Eが豊富。

 

これらは体内の老化の原因となる

活性酸素を取り除く働きがあり、

肌を老化から守ってくれます。

 

それぞれの働きを紹介しましょう。

 

ビタミンA

食品に含まれている成分名は

「力ロテン」ですが、

体内でビタミンAに変換されます。

 

肌、粘膜をなめらかに、

丈夫にする栄養素。

 

乾燥や肌荒れから肌を守ります。

 

ビタミンB群

緑黄色野菜には

ビタミンB1、B2、B6などが豊富。

 

食べたものを栄養やエネルギーに変換する、

代謝に欠かせないビタミン。

 

なかでもビタミンB6は

健康な肌をつくるために

欠かせない栄養素です。

 

ビタミンC

シミのもととなる

メラニン色素の生成、

沈着をおさえる働きがあります。

 

肌のハリをつくるコラーゲンの生成や

免疫力にも深いかかわりがあります。

 

有害物質を排出する効果もあります。

 

水溶性なので、

多くとっても尿で出てしまい、

からだに蓄積できません。

 

こまめにとり続ける必要があります。

 

ビタミンE

毛細血管の流れをよくして、

新陳代謝の働きを助けます。

冷えも防ぐ効果が。

 

女性ホルモンのバランスを

整える働きもあります。

 

緑黄色野菜はサプリメントや

ジュースでもとることができます。

 

おすすめなのは青汁

 

ケールというキャベツの原種からできていて、

ビタミンA、B、Cが豊富なだけでなく、

ミネラルやカルシウム、鉄分など、

女性に不足しがちなほかの栄養素も

豊富に含んでいます。

 

ダイエット効果も期待ができますよ。

 

体外のケア

適度な運動 美肌 シミ予防

今一番おすすめのケアは

ブノワグレイスクリーム

です。

 

東邦大学医薬部

二階堂名誉教授や

東京医科歯科大学

藤田名誉教授の

推薦もあるクリームです。

 

開発者の(中年男性ですが。。)

手を見てください。

顔 シミ取り スキンケア

 

全く違う人の手みたいじゃないですか?

詳しくはこちらをご覧ください。

本当に驚きの連続でした。

 

ブノワグレイスクリーム

 

-シミの予防

Copyright© 顔のシミ取り自宅で取る方法【最新情報】 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.