顔のシミを取りたい。シミを消したい。出来れば自宅で自分で何とかしたい。わたしが顔のシミを取りたい時に試して良かった方法とあなたに役立つ情報をまとめてみました。今一番有効的なシミを取る方法とは?

顔のシミ取り自宅で取る方法【最新情報】

洗顔

わたしの洗顔・クレンジングは間違っていた

投稿日:

わたしの洗顔・クレンジングは間違っていました。

市販の洗顔の泡

スキンケアは、肌の汚れを落とすこと。

これが、基本と言われています。

 

メイクをして1日過ごしたあと、ゆっくり時間をかけて洗顔・クレンジングをしていました。

実は、これが一番お肌に負担をかけていたんです。

 

メイクは油性の汚れです。

人工的な汚れを落としやすくするためのメイク落としは、皮脂などを落とすよりはるかに強い洗浄力を持っています。

 

洗浄力が強い分、お肌の負担は大きいわけです。

 

敏感肌の思い込み

健康な肌は、表面にある角質層で外部の刺激から守られています。

これをバリア機能といいますが、角質層が薄かったり弱かったりしてバリア機能が低下した状態を、敏感肌といいます。

敏感肌には、生まれつきのものと、間違ったスキンケアなどで自分でつくってしまうものがあります。

間違ったスキンケアの敏感肌タイプは、いわゆる「思いこみ敏感肌」。

とくに、肌への負担が大きいクレンジング剤を使って角質層をいためているケースがとてもめだちます。

誤ったクレンジング法をしている人は、まずクレンジングを見直すことからはじめましょう。

 

良く落ちるメイク落としは危険?

メイク落としにはいろいろな種類がありますが、共通して含まれているのが、油分と水をなじませるための、界面活性剤です。

肌に悪いイメージのある界面活性剤ですが、油性の汚れを落とすためには欠かせない成分。

メイク落としは、界面活性剤の量や質によって、肌への負担がまるで違ってきます。

ですから、その日のメイクの濃さに合わせて上手に使いわけましょう。

比較的肌にやさしいのは、洗い流すクリームタイプ、次に乳化ジエル(透明でなく白いもの)です。

反対にもっとも肌をいためるのは、シート状などのふきとりタイプのものと、オイルタイプです。

 

1分以内

クレンジングには時間をかけて、メイクをしっかり落とさなけれはならないと思われがちですが、それは間違いです。

界面活性剤が肌にふれている時間が長くなれば、肌へのダメージも大きくなりますから、できるだけ手早くすませることが大切です。

豪快な洗いかたの「おやじ洗顔」をイメージするといいでしょう。

まずは、乾いた肌にメイク落としを指でなじませます。

皮層の丈夫なTゾーンから伸ばしはじめ、次にUゾーン、最後にいちばん皮唐が薄い目もとと口もとにのばします。

全体になじませたらぬるま湯で流します。

クレンジングにかける時間は、1分くらいが理想です。

 

こするとシミ・シワに

ぬるま湯で流したあとの肌を見ると、メイクが少し残っていることもあります。

でも、ここでクレンジングをやり直したりしてはいけません。

クレンジングは、メイクを浮かせて落としやすくするためのもの。

残ったメイクは、このあと洗顔料で落とせます。

すべて落とそうとしてコシゴシこすると、肌の角質層がいたんで肌荒れの原因になり、シミやシワなどの肌老化を早めることに。

クレンジングでは、汚れが6割程度落ちていれば十分なのです。

ポイントメイクが肌に残るのも気になるものですが、アイラインやマスカラが多少肌に残ったとしても、肌に浸透することはありません。

 

固形石鹸

洗顔料には、ジェル、リキッド、パウダー、フォーム§固形石けんなど、いろいろなスタイルがあります。

また、美白や保湿などの成分が加えられているものもありますが、洗顔料の目的は肌の汚れをしっかり落とすことですから、洗浄力を第一に考えて選びましょう。

美白や保湿などの成分は、すすげば流れてしまうので、あまり意味はありません。

洗顔料としておすすめなのは、シンプルな固形石けんです。

洗浄力にすぐれ、肌に負担がかかりにくいうえ、余分なものも残しません。オイリー肌なら浴用石けん、皮脂が少なめのノーマル~ドライ肌の人は、洗顔石けんを選ぶとよいでしょう。

 

肌ダメージのもと

「洗顔で皮脂をとりすぎると、乾燥やシワの原因になる」という説があります。

そのため「朝はお湯で流すだけで十分」とか、「しっとり系の洗顔料のほうがよい」と考える人が多いようです。

でも、これは誤り。こうした洗顔法では、肌に皮脂が残って一一キビができたり、酸化した古い皮脂が肌の老化を進めてしまうことになるからです。

肌に皮脂が残ったままだと、その後につける化粧水などの成分も浸透しにくくなります。

メイク汚れのない朝でも、眠っている問に皮脂は分泌されています。

乾燥肌の人も、朝晩の洗顔は洗顔料を使ってきちんと汚れを落としましょう。

 

洗いあがりの目安

洗顔の基本は、汚れを泡で包みこんで落とすことです。

洗顔料は、肌にのせただけで汚れを落としますから、こすりすぎると肌をいためます。

また長時間肌の上にのせていると、やはり肌へのダメージになります。

そこで重要なのが、洗う順番。

皮脂量が多いTゾーンからはじめ、Uゾーン、皮唐が弱い目もと、口もとの順に泡をなじませ、ぬるま湯でていねいに流します。

指でさわって、キュッというくらいの洗いあがりなら、しっかり洗えています。

朝と夜、季節、メイクの濃さなどに合わせて洗顔料を使いわけるのもよいでしょう。

皮脂量や汚れが多いときは、洗浄力が強めの石けんを使います。

 

まとめ

  1. メイク落としは1分以内
  2. 固形石鹸がオススメ
  3. 目安はキュッてくらい
  4. 洗顔料は汚れで使い分ける

-洗顔

Copyright© 顔のシミ取り自宅で取る方法【最新情報】 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.