顔のシミを取りたい。シミを消したい。出来れば自宅で自分で何とかしたい。わたしが顔のシミを取りたい時に試して良かった方法とあなたに役立つ情報をまとめてみました。今一番有効的なシミを取る方法とは?

顔のシミ取り自宅で取る方法【最新情報】

肌年齢

あなたの肌年齢。何歳だと思いますか?

投稿日:

「40代になったばかりなのに、お肌は50代のよう」

本来なら

「40代なのにお肌は30代みたいだね」

って言われたい。

 

実年齢と肌年齢の差は、年齢が高くなるほどドンドン広がっていきます。

 

紫外線を浴びる機会が多かった人や必要なスキンケアを怠った人、暴飲暴食を続けてきた人、ストレスを受けてきた人は、実年齢よりも肌が衰えている可能性が商いと言えます。

 

最近とある写真が話題になっています。

それは、長年トラックドライバーをしていた男性の写真です。

紫外線 シワ お肌

紫外線を受け続けた側だけ、シワが目立っています。

 

 

「肌は内臓の鏡」。

肌は体の不調が現れるバロメーターとも言われ、日々の生活習慣がすべて肌の状態として現れます。

 

この男性もケアをするか紫外線対策をしていれば、このような結果にはならなかったと思います。

 

不健康な体に決して美肌は存在しません。

 

どれだけ高い化粧姉を使っても、施術を受けても、不調の原因を知り、体の中と外からケアしなければ、肌の悩みは解決されないのです。

「生活習慣セルフチェック」で、あなたの肌の健康状態を知るひとつの指標、肌の老化度をチェックしてみましょう。

  • 睡眠時間は平均6時間よりも少ない
  • UVケアをしているのは夏だけだ
  • チョコレートやケーキなど、甘いものをよく食べる
  • 野菜や果物をあまり食べない
  • アルコールを毎日飲んでいる
  • タバコを吸っている
  • 肩こりに悩んでいる
  • エアコン(冷暖房)のきいた部屋で過ごすことが多い
  • 運動は特にしていない
  • 最近、ドキドキ・ワクワクすることがない
  • 子育てや仕事などで悩みやストレスを抱えている
  • 生理不順や生理痛がある
  • 夜、メイクを落とさず寝てしまうことがある
  • 水分補給は、コーヒーや紅茶ですませることが多い
  • 肌がカサカサして乾燥や肌荒れが気になる
  • ニキビができやすい
  • 胃腸の調子がよくない、便秘気味
  • くすみが気になる、肌にツヤがない
  • しわが目立ってきた
  • たるみが気になり、圧迫された痕が戻りにくい

思い当たるのが

~2個までの人は【美肌】へ一直線。

年齢を重ねても周りから羨ましいと言われるお肌になるでしょう。

 

3~5個の人はエイジングケアが出来ている人。

実年齢よりも若く見られるお肌です。

ただし、油断すると直ぐに老け肌に?

 

6~9個の人は普通。

年相応で、手を抜くとそれだけ老け肌に。

手を入れたスキンケアをすると、エイジングケアが実ります。

 

10~15個の人は完全に加齢肌。

実年齢よりヤバいお肌。

あなた自身も感じているはずです。

シミやシワなど、同年代の友達よりも気になるお肌の持ち主。

 

16~20は危険です。

お肌の衰えがかなり進んでいる可能性があります。

根本的にスキンケアを考え直す必要があります。

 

 

美肌のためのスキンケア

美肌になるために、何が必要だと思いますか?

化粧水 保湿

高価な化粧肋を買えば改善するのか?

エステに行けば美肌になる?

サプリメントを毎日飲んでいれば安心?

 

答えはNoです。

ひとつのことだけをがんばっても美肌はつくられません。

若々しく美しい肌を手に入れるためには、

「外からのケア(肌表面からのスキンケア)」「内からのケア(体の中から肌を健康な状態にするケア)」「心のケアざんみいったい(心を健康にし、ストレスなどを軽減するケア)』、この「外・内・心」、三位一体が大前提です。

なぜ、総合的なケアが必要かというと、肌は生きている臓器だからです。

臓器というと、心臓や肺などを思い浮かべる人が大半ですが、肌も見える臓器。

外からの影響だけでなく、栄養状態、血流、組織の新陳代謝、自律神経やホルモンのバランスなど内的要因にも大きく影響を受けているのです。

 

肌トラブルを阻止

具体的にどのようなケアをすればいいのでしょうか?

洗顔 泡立て

まず「外からのケア」のポイントは、ターンオーバーを促進すること、そして、主に紫外線による光老化を防ぐことです。

ターンオーバーとは、表皮の細胞が、皮膚の奥で分裂して表面に押し上げられ、はがれ落ちるまでのサイクルのこと。

ターンオーバーは加齢とともに遅くなり、シミやくすみ、毛穴の黒ずみなど、さまざまな肌トラブルの原因となります。

ターンオーバーは、機能性化粧品や医療機関で行うアグレッシブケアなどの攻めのケアや、保湿などの守りのケアによっても促進されるのです。

 

もうひとつ、「光老化を防ぐ」ためには、過度の紫外線を浴びないようにケアすること。

地表に届く紫外線には、波長の長いUV-A波と波長の短いUV-B波の2種類がありますが、約90%がUV-A波です。

エネルギーの強いUV‐B波は、肌に炎症を起こして皮膚ガンやしみの原因となり、UV-A波は肌の深い部分まで到達して、肌のハリを失わせ、しわ、たるみを引き起こします。

また、紫外線を長時間浴び続けると、老化の原因となる活性酸素が大量発生して肌細胞に直接ダメージを与えたり、肌表面の皮脂を酸化させて肌トラブルを引き起こします。

これでは、肌の老化を止めることができません。

光老化を避けるため、過度の紫外線をブロックするケアは大切です。

ただし、骨を丈夫にしたり、免疫を高める働きのあるビタミンDは、紫外線を浴びることにより皮府で生成されるので、過度に紫外線を回避することは、かえって不健康を招きます。

年齢とともに肌の老化が進んでしまった場合は、コラーゲン注入やレーザー治療といった、アグレッシブケアを取り入れてもいいでしょう。

 

食事こそ美肌への近道!

『内からのケア』で最も大事なことは、栄養補給です。

体は食事から作られます。

スキンケア 効果

なかでもタンパク質はコラーゲンやエラスチンなど、お肌の張りを保つ成分を作る材料となるので、不足するとたるみやシワが出るなど老け顔になってしまいます。

甘いものの摂りすぎもお肌の老化を早めます。

 

お肌が酸化するからです。

 

また、代謝をアップさせる食材も進んでとりましょう。

細胞は加齢とともにどうしても代謝が落ちます。

血行を良くして体全体の機能を活性化させることが大事です。

 

血色も良くなり、見た目もパッと明るくなります。

 

その他にもターンオーバーの促進、汗や皮脂の分泌による乾燥肌の改善などの効果も期待できます。

 

ただし、栄養補給しても食べ物は消化・吸収・代謝され、排出されますから、その過程がスムーズでないと肌の調子は良くなりません。

むしろ悪化する可能性もあります。

便秘の時に肌荒れになるアレですね。

 

胃腸を整え消化・排泄を促進し、代謝をアップさせる食材を摂る事を意識して、健康的な食生活を心がけましょう。

ピーリング

 

-肌年齢

Copyright© 顔のシミ取り自宅で取る方法【最新情報】 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.