顔のシミを取りたい。シミを消したい。出来れば自宅で自分で何とかしたい。わたしが顔のシミを取りたい時に試して良かった方法とあなたに役立つ情報をまとめてみました。今一番有効的なシミを取る方法とは?

顔のシミ取り自宅で取る方法【最新情報】

美肌成分

あなたに必要な美肌の栄養素はどれ?

投稿日:

あなたに合う成分を見つけよう

 

「コラーゲン」

「ヒアルロン酸」

「セラミド」

という言葉は知っていても、

それらがどのような効き目を肌にもたらすのか、

きちんと把握している人は意外と少ないと思います。

 

そうした知識不足が、

思い通りの肌を手に入れられない

要因のひとつとなっています。

肌荒れに驚く女性

 

お美肌に効果のある成分とひとくちに言っても、

肌細胞を元気にするもの、

潤いを与えるもの、

肌色を白くするものなど、

実にさまざまです。

 

それらを、

適当に使ってみたところで、

肌は絶対にキレイになりません。

 

 

むしろ、

不必要なものをたくさんとっていると、

肌がなまけて本来の力を失ってしまったり、

思わぬ化学反応を引き起こして、

かえって肌やカラダの状態を

悪化させたりすることになってしまいます。

重度の肌荒れ アレルギー肌

 

年齢を重ねてから

お肌が突然アレルギー反応を起こすこともあります。

 

 

自分に必要なサプリメントやコスメを正しく選び、

利用するためには、

美肌に有効とされる成分それぞれの働きや必要な置について、

きちんと理解することが必要です。

 

 

そこで、

「コラーゲン」や「プラセンタ」「成長ホルモン」「EPA」など、

美肌つくりに有効な成分を、

まとめてご紹介したいと思います。

 

 

それぞれの成分が、

どのように肌をキレイにしてくれるのか、

それぞれの効能や働きをわかりやすく解説してありますので、

美肌づくりとその後のケアに、

役立ててください。

美肌女性 モチモチ肌

若返リの特効薬

健康・美容の先進国アメリカでは、
いち早く「若返り」の問題に目を向け、
国家事業として

「アンチエイジング=抗加齢医学」

の研究に取り組んでいます。

 

そして数年前、
米国国立衛生研究所によって、
「アンチ・エイジング・プロトコール」

という若返りのプログラムが発表されました。

アンチエイジング 肌の若返り

そのプログラムの中心に据えられたのが、
「プラセンタ」と「成長ホルモン」です。

 

プラセンタは、
主に皮膚表面と肝臓など内臓への効果が大きく、
成長ホルモンは皮下組織や筋肉、
さらには

気力、体力に対する効果が

強いと言われています。

 

現在、
この二つの成分は、
若返りの特効薬として世界中の注目を浴びています。

若返り肌 きめ細かい肌

皮膚表面に有効な「プラセンタ」

プラセンタは、

もともとは

「胎盤」

を意味する言葉です。

 

しかし、

今では胎盤から抽出された成分全体を

「プラセンタ」

と呼んでいます。

プラセンタ 胎盤 へその緒

 

胎盤は、

受精卵が細胞分裂を繰り返して、

やがて赤ちゃんへと成長していく過程で、

さまざまな成長因子や栄養因子を提供します。

 

また、

細胞分裂の過程で生まれた異変細胞を

除外する働きもあります。

 

胎盤から抽出したプラセンタには、

そうした各種の成長因子や栄養因子が含まれています。

 

このうち、美肌成分としては、

表皮細胞を元気にする

上皮細胞成長因子、

コラーゲンをつくる細胞に働きかける

線維芽細胞成長因子、

シミ・ソバカスができるのを防ぐ

メラニン細胞抑制因子などがあります。

シミ そばかす 消す

 

このほかにも、

メラニン細胞にダイレクトに働きかけて

シミ・ソバカスを除去するように促すウラシルなどの核酸、

表皮細胞や線維芽細胞の原料となって肌を元気にする

各種アミノ酸、

細胞膜をつくるリン脂質などが含まれています。

 

 

さらに、

プラセンタにはまだ未確認の成分もたくさんあると考えられており、

成分うるおは特定されていないものの、

セラミドを増やして肌に潤いを与えたり、

アトピー性皮膚炎を改善したりする効果が認めれています。

アトピー性皮膚炎 改善

 

プラセンタを利用するには、三つの方法があります。

 

 

ひとつは病院でヒトプラセンタの注射をしてもらう方法。

プラセンタ注射

本来は肝炎や更年期障害の治療薬として

保険適用されていますが、

むしろ美肌づくりや若返り、

あるいは疲労回復の特効薬として人気が高いようです。

 

 

スキンケア目的の場合には、

自費扱いになります。

 

二つ目は、カプセル状の内服薬を使う方法。

プラセンタ内服薬 専門のクリニック

取り扱っている医療機関で出してもらうか、

インターネットなどを利用して

アメリカから輸入することになります。

 

 

三つ目は、

プラセンタを配合したコスメ。

 

コスメには、

豚など動物の胎盤から抽出したプラセンタが

主に利用されていますが、

ヒト由来のプラセンタを使った商品もあります。

 

 

ところで、

プラセンタ配合を謳った商品の中には

「植物由来のプラセンタ」とか「サメ由来のプラセンタ」

というものがあるようです。

プラセンタ クリーム

 

しかし、

プラセンタは「胎盤」から抽出される

生理活性物質のことです。

 

 

胎盤のない植物から、

どうしてプラセンタがとれるのか、

理解に苦しみます。

 

皮下組織に有効な「成長ホルモン」

成長ホルモンは

脳の下垂体から放出されるホルモンで、

その体内分泌量は13~17歳にかけてピークに達し、

その後は減少傾向に転じます。

 

そして25歳を過ぎる頃になると急激に低下し、

30歳以降は10年ごとに25パーセントずつ

減っていきます。

成長ホルモン グラフ

アンチエイジング(=若返り)の研究が盛んなアメリカでは、

以前から、25歳を過ぎる頃から太りやすくなったり、

肌が衰えはじめたりするのは

成長ホルモンの分泌量と

関係があるのではないかと考えられてきました。

 

そしてさまざまな研究の結果、成長ホルモンには、

皮下組織の水分含有量を高めて肌の弾力を維持したり、

内臓脂肪を分解して

脂肪をつきにくくしたりする作用のあることがわかりました。

 

 

同時に、

筋肉へのアミノ酸の輸送を増加させて

筋力をアップさせる作用や、

糖質の代謝を促してエネルギー産生を高め、

スタミナを増進させる作用などがあることもわかりました。

 

 

この発見以来アメリカでは、

成人に成長ホルモンを投与し、

肌の弾力を蘇らせてシワを伸ばすとか、

内臓脂肪を燃焼させてメリハリボディをつくるとか、

しなやかな筋肉をつけるなど、

若々しいカラダを取り戻すための試みが

盛んに行われるようになりました。

若々しい体

 

その結果、成長ホルモンには、

美肌やダイエット効果以外にも、

免疫力強化や持久力アップ、

情緒安定、記憶力向上などの効果があることが

実証されています。

 

 

成長ホルモンは注射で投与するのがもっとも有効ですが、

コストがかかるという問題があります。

 

 

アメリカでは皮下注射による成長ホルモン投与は、

6ヵ月分で2万ドル以上します。

成長ホルモン注射

日本の美容外科などでも

注射薬だとアメリカと同程度か、

それ以上かかることが多いようです。

 

注射で投与するのが主流ですが、

それより、舌の下から吸収させる

スプレータイプのものも効果があります。

 

成長ホルモンは胃を通過すると、

いったんアミノ酸まで分解されるため、

再び成長ホルモンとして体内合成されるかどうか不明ですが、

舌の下から吸収させると、

そのままの形で毛細血管に取り込まれ、

確実に効果を発揮できるからです。

 

 

スプレータイプの成長ホルモンは、

注射薬に比べると非常に安価なうえ、

舌の下にシュッと吹きかけるだけで、

前述のような効果を実感することができます。

成長ホルモン スプレータイプ

血液サラサラは現代人の常識

血液がドロドロして血のかたまり(血栓)ができやすい状態になると、

心筋梗塞や脳硬塞の発症率が高くなります。

 

 

また、

大腸ガンや胆のうガン、前立腺ガン、

女性の子宮ガンなどの発生を招くこともあります。

 

 

肌はもとより、

健康なカラダをつくるために、もっとも大切なのは、

血液をサラサラにして、

カラダのすみずみまで栄養と酸素を行き渡らせ、

カラダに不要な老廃物をすみやかに洗い流すことです。

 

 

そんな血液サラサラのカラダになるために、

非常に役立つのがEPAとDHAです。

EPAとDHA

 

血液をドロドロにする元凶のひとつと言われる

脂肪の多い欧米型の食事が増えている現代の日本では、

健康と美容のために

EPAとDHAのサプリメントを毎日欠かさず飲むことは、

もはや常識と言っても言い過ぎではありません。

 

 

美肌になりたいと強く願っているのなら、

肌づくりのベースとして

EPAとDHAの摂取をはずすことはできません。

 

肌のキレイを守る「EPA」と「DHA」

EPAとはエイコサペンタエン酸の略で、

魚介類に多く含まれる脂肪分のことです。

 

EPA 魚介類

EPAには、

血小板の凝集能力を抑制して、

血のかたまりをできにくくする働きがあります。

 

 

また、善玉コレステロールを増やし、

悪玉コレステロールを減らして、

血中のコレステロール値を下げます。

 

この二つの作用から、EPAは血液をサラサラにして、

美しい肌や健康なカラダを守ってくれます。

 

 

また、同じく魚介類に多いDHAにも、

EPA同様、血液をサラサラにする効果があります。

EPAとDHA 中性脂肪

 

DHAはドコサヘキサエン酸の略で、

とくに脳の血流をよくする働きがあり、

脳疲労をいち早く回復させることで、

停滞しがちな顔面への血流を回復させ、

美肌を維持するのに役立ちます。

 

 

また、DHAは脳機能を高める働きがあり、

学習能力をアップさせ、

ボケ防止にも有効です。

 

 

必要なEPAやDHAを食べ物だけで補おうとすると、

カロリーオーバーになる恐れがあります。

 

 

そこでお勧めしたいのが、サプリメントです。

EPAとDHA サプリメント

 

サプリメントなら余計なカロリーをとることなく、

必要な量を摂取することができます。

 

 

EPAとDHAのサプリメントを選ぶときは、

含有量に注意してください。

 

 

市販されているEPAやDHAのサプリメントは、

たいてい含有量が5パーセント程度。

 

 

多いものでもせいぜい20パーセントがいいところです。

 

 

たとえば、EPA含有塁が5パーセントということは、

残り95パーセントは別の脂肪酸ということになります。

 

 

これは脂は脂にしか溶けないため、

残りの95パーセントを別の脂肪酸で補うしかないからです。

 

 

もし、EPA以外の脂肪酸が、

血液をドロドロにするリノール酸系や飽和脂肪酸系だとしたら、

サプリメントをとる意味がなくなってしまいます。

 

 

従って、サプリメントを選ぶときは、

できるだけEPA及びDHA濃度の高いものを吟味してから

購入することが大切です。

ポイント イラスト

美肌の栄養源「アミノ酸」

私たちのカラダを構成する要素たとえば、

内臓や皮膚、血管、中枢神経、ホルモンなどーーは、

すべてタンパク質からできており、

そのタンパク質はアミノ酸からできています。

 

 

肌細胞はもちろんのこと、

コラーゲン、エラスチン、セラミドなど、

肌を構成する物質のほとんどは

アミノ酸からできていますし、

それらが細胞から合成されるときに働く酵素も

アミノ酸によってつくられます。

 

 

まつしようまた、アミノ酸には、

末梢の血管を拡張する作用もあり、

アミノ酸の働きによって十分な栄養が肌に運ばれます。

必須アミノ酸 非必須アミノ酸

 

つまり、アミノ酸は、

皮膚を構成する物質の原料になるとともに、

それらの生成を助け、さらに血行をよくすることで、

質の高い美しい肌をつくりあげるのです。

 

 

さらに、

肌に有効な成分である成長ホルモンやプラセンタも、

もとはアミノ酸です。

 

 

このように、

アミノ酸はヌード肌づくりにおいてはもちろん、

人間の生命そのものにとって不可欠な栄養素です。

 

 

人体に必要なアミノ酸は全部で20種類ありますが、

これらのアミノ酸は食事から補わなくてはなりません。

(厳密には、20種類のうち半分は、

他のアミノ酸によって体内で合成することができます。

しかし、不足させないためには、

20種類のアミノ酸すべてを

まんべんなく食事から補う必要があります。)

アミノ酸を多く含む食品

 

しかも、アミノ酸は、

筋肉や内臓などの原料としても使われるため、

肌にハリを蘇らせたりシワを消したりという

美肌づくりに回すためには、

食事によって摂取するだけでなく、

サプリメントを有効活用して

たっぷり補給する必要があります。

 

 

ドラッグストアなどには

さまざまなアミノ酸系サプリメントが並んでいますが、

購入するときは成分表示をよく見て、

20種のアミノ酸をできるだけ数多く

(とくに美肌作用の高いグリシンやアルギニン、セリンは必須)

配合しているものを選ぶことが大切です。

アミノ酸 サプリ

〈カラダに必要なアミノ酸〉

バリン、
ロイシン、
イソロイシン、
リジン、
フェニールアラニン、
ヒスチジン、
メチオニン、
ソレオニン、
トリプトファン、
アルギニン、
グリシン、
アスパラギン、
プロリン、
グルタミン、
アスパラギン酸、
シスチン、
セリン、
チロシン、
アラニン、
グルタミン酸

 

元祖・美肌の特効薬「ビタミンC」

科学技術の進歩によって、

肌に有効とされる成分が次々と発見されています。

 

 

それに伴って、

美肌成分のいわば草分け的存在である

「ビタミンC」の

影が薄れつつあるようです。

ビタミンC

ビタミンCには非常に優れたスキンケア効果

たとえば、シミのもとになる

チロシナーゼを阻害してシミを防ぐ美白作用、

コラーゲンの生成を促進して肌の弾力を維持する作用、

活性酸素の害を防ぐ抗酸化作用など―

が数多く備わっています。

 

 

しかも、それだけではありません。

 

 

ビタミンCは、

体内で行われているほとんどの化学反応に関与しており、

肌に大きな影響を与えるアミノ酸やホルモン、

脂肪酸、ブドウ糖の代謝を

円滑にする働きを担っています。

 

 

抗酸化作用の働きによって肌あれやニキビを防いだり、

白血球の機能を高めてアトピー性皮膚炎やガン、

生活習慣病などを防いだり、

コレステロール値を下げて

血液をサラサラにする作用なども有しています。

 

 

このように、ビタミンCは、

数えきれないほどの効果を秘めているのです。

 

 

ビタミンCは美肌づくりに欠かせないサプリメントのひとつ。

ビタミンC サプリメント

 

とくに症状のない人も、

美肌維持のために、

ぜひとっておきたいものです。

 

 

それでは、どのくらいビタミンCを摂取すれば

効果を期待できるのでしょうか。

 

 

一日の摂取目標量は、

一般の健康目的なら、1グラム以上です。

 

 

でも、強力な美肌効果を得たいのなら、

3グラム以上とることが望ましいでしょう。

 

 

ちなみに、日本人のビタミンCの摂取量は、

1999年の国民栄養調査によると、

平均で一日あたり263ミリグラムです。

 

 

しかし、ビタミンCは熱に弱いので、

加熱凋理することなどを考えると、

食事からとれるのは実際には

もっと少ないと思っていいでしょう。

 

この点を踏まえて、

摂取するサプリメントの量を加減してください。

ビタミンC君

Cにも劣らない「ビタミンB群」のスキンケア効果

ビタミンB群は

別名「美容ビタミン」とも呼ばれるほど、

女性のキレイに欠かせない存在です。

ビタミンCB群 お肌に必要

 

たびたび登場する「美肌栄養素トリオ」の

ビタミンB1、B12、葉酸も

すべてビタミンB群の仲間です。

 

このほかにも、注目すべきものとして、

まずビタミンB6があります。

 

B6の役目は、

肌の栄養源となるアミノ酸の働きをサポートすること。

 

これがなくては、

細胞の新陳代謝はあがりません。

 

また、ビタミンB2 は、B]1やB12と同じように、

肌細胞の分裂・成長を促進して新陳代謝を高め、

肌のダメージを回復します。

 

さらに、ナイアシン(ビタミンB3)とパントテン酸(ビタミンB5)は、

細胞が分裂するときに必要な

エネルギーの生産に関与します。

 

このうちパントテン酸は、

女性ホルモンの合成やビタミンCの作用を助けたり、

ストレスを緩和したりと、

スキンケア効果につながるさまざまな働きをします。

スキンケア効果 シミのないお肌

 

 

ちなみに、ビタミンB群は水溶性で、

カラダに優しいビタミン。

 

胃の弱い人も安心してとれます。

 

ビタミンB群をバランスよく含むものに

ビール酵母があります。

 

ビール酵母には、

ほかにも各種アミノ酸やミネラル類など、

肌に欠かせない成分が豊富に含まれています。

 

 

また、細胞の新陳代謝を活発にする核酸も含まれており、

肌の総合栄養素としておすすめです。

 

若返りの「ビタミンE」

ビタミンB群が「美容ビタミン」なら、

こちらは「若返りのビタミン」。

若返り お肌

 

強い抗酸化力を有していて、

活性酸素による細胞の酸化を防いで、

全身の機能低下を食い止め、

シミやシワを防いで、

若々しいカラダを保ちます。

 

 

末梢の血流をよくする作用もあり、

この点からも老化を防ぎ、

美しい肌づくりに貢献します。

 

 

さらに、女性ホルモンの代謝にも関与していて、

更年期障害の症状を軽減する効果もあり、

とくに40代以上の女性の強い味方となります。

 

 

ちなみに、

ビタミンCには酸化されて効力を失った

ビタミンEをもとに戻す作用があるので、

一緒にとると、より大きなパワーを得られます。

 

皮膚表面の美しさを保つ「ビタミンA」

ビタミンAには、レチノール、レチノイン酸、

レチナールの3種類があります。

 

まペータた、ベータカロチンは、

体内に入るとビタミンA (レチノール)に変換されます。

 

ビタミンAは、

表皮細胞の新陳代謝を促して、

ターンオーバーのリズムや

バリア機能を正常に保ちます。

お肌 バリア機能 潤い

 

Aのなかでもレチノイン酸には、

強い漂白作用があり、

シミ改善に有効です。

 

 

レチノールはレチノイン酸より

刺激も効き目もマイルドです。

 

 

また、ベータカロチンには、

抗酸化作用があり、

活性酸素や紫外線の攻撃から

表皮細胞を守ってくれます。

 

 

ビタミンAを多く含む食品の代表的なものに、

動物のレバー、卵、チーズがあります。

 

 

また、ベータカロチンは

緑黄色野菜や海藻類に多く含まれています。

ベータカロチンを多く含む食材

美肌づくりを支える「ミネラル」

美肌づくりを助ける成分として、

ミネラル類も忘れてはいけません。

 

私たちのカラダの約4パーセントはミネラルでできていて、

骨や歯を構成しています。

 

また、体内では、皮膚や臓器の新陳代謝、

筋肉の収縮など、

さまざまな化学反応が起こっていますが、

ミネラルは数多くの化学反応を

サポートする役割を担っています。

 

 

肌においては、

表皮や皮下組織の細胞の新陳代謝を活発にして、

健康で美しい肌づくりを下から支えています。

美しい肌

 

人間のカラダに必要なミネラルは29種類あり、

そのうち肌に欠かせないミネラルとして、

よく知られているものに、

亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、イオウがあります。

 

 

亜鉛はタンパク質の分解・合成に関与するミネラルで、

肌細胞の新陳代謝や、

コラーゲンの合成を促進するなど、

美肌づくりに欠かせない存在です。

 

 

また、活性酸素を阻害して細胞を保護したり、

免疫力を高めたりする働きもあり、

不足すると肌の再生機能やバリア機能がダウンして

肌あれが起こりやすくなります。

 

 

銅は、

肌の弾力を維持するのに関与しています。

保湿スキンケア きれいな肌

 

コラーゲンは線維芽細胞によってつくられた

タンパク質のヒモのようなものです。

 

 

ですから、

コラーゲン単独では役に立ちません。

 

 

多数のコラーゲンが絡み合って、

はじめて弾力のある皮下組織をつくることができます。

 

 

コラーゲンが結びつくときに、

リジルオキシダーゼという酵素が働きますが、

その酵素を活性化させるのが銅です。

 

 

銅が不足すると、コラーゲン同士はしっかりと結合できず、

肌のハリは失われてしまいます。

 

 

もうひとつ、

肌の弾力に関わりを持つのがマンガンです。

潤い肌 シミない肌

 

皮下組織は、

コラーゲンとエラスチンという二つの線維の網の目の隙間を、

ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸、

ヘパラン硫酸などのゲル状物質が満たすことでできています。

 

 

これらのゲル状物質を合成するには、

糖転移酵素という酵素が必要ですが、

この酵素を活性化するのがマンガンです。

 

 

従って、マンガンが不足すると、

肌の弾力も低下することになります。

 

 

ョウ素はタンパク質の合成やエネルギーの代謝に関与しており、

健康で美しい肌や髪を保つ働きがあります。

 

 

温泉の成分としてよく知られるイオウは、

タンパク質やホルモン、酵素の合成などに関わり、

不足すると肌細胞の新陳代謝が悪くなります。

 

 

このほかにも、カラダの熱産生を高めて血色をよくするクロム、

細胞の浸透圧に関わり皮下の水分量を調整するカリウムとナトリウム、

エネルギー代謝に関わりを持ち、

なおかつビタミンB1、B2、B6と結合して働きを助けるリンなども、

美肌づくりに必要なミネラルです。

 

 

ミネラルは、貝類、レバー、豆類、乳製品、

海藻類、野菜、果物など幅広い食べ物に含まれていますから、

バランスのよい食事をとっていれば不足することはありません。

 

豆類

しかし、食生活の変化によって豆類や野菜、

果物の摂取量は減っています。

 

 

また、ミネラルは水に溶けやすく、熱にも弱いので、

調理の途中でその多くが失われてしまいます。

 

 

偏食の激しい人やダイエットなどで食事の全体量の少ない人などは、

ミネラル不足が起こりやすいので、

サプリメントを利用して適度に補った方がよいでしょう。

オススメ

 

 

-美肌成分

Copyright© 顔のシミ取り自宅で取る方法【最新情報】 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.