顔のシミを取りたい。シミを消したい。出来れば自宅で自分で何とかしたい。わたしが顔のシミを取りたい時に試して良かった方法とあなたに役立つ情報をまとめてみました。今一番有効的なシミを取る方法とは?

顔のシミ取り自宅で取る方法【最新情報】

顔のシミが取りたい

最近ずっと気になっていた

『顔のシミ』

 

そこで、色々と調べてみると顔のシミにも種類があって、効果的な治療方法や予防方法が全く違うことをしりました。

 

顔のシミを気にする女性

 

 

 

私が、顔のシミの悩みを解消した方法や、 種類とケア方法などをご紹介していきますね。

 

大事なことは、今ある以上に増やさないこと。

予防をきちんとする必要があります。

予防は体内からと体外から。

 

人気のシミ薬ランキングはこちらをクリックして参考にしてください。

 

 

 

今だけお得 最新NEWS

顔のシミを薄くしたい人が選ぶべき製品。

美容皮膚科の医師が開発した、まったく新しい角質ケア!

  1. グリコール酸でターンオーバーを
  2. VCエチルで紫外線トラブルに
  3. 天然保湿成分でうるおい

クリニックじゃなくホームケアでクリニック品質をなんとかしたい!

美容皮膚科のお医者さんが開発した新しいアプローチです。

 

今だけ初回980円のキャンペーン中です。

詳しい内容は下記をクリックして確認してください。


お肌ケアの大きな間違い

「具体的には、どのような美肌効果を期待していますか?」

 

「キメが細かくて、ハリのある肌を手に入れたい」

とか

 

「肌色を白くして小ジワを解消したい」

「顔のシミもないくすみもない透明感」

というように、

 

たいてい二つ以上の効果を

期待する答えがかえってきます。

 

実は、この点にこそ、多くの女性が一生懸命スキンケアをしているにもかかわらず、

思い通りの肌を手に入れられずにいる理由があるのです。

 

たとえば、肌のハリとキメ。

 

この二つをセットにして考える人が少なくありませんが、

実は同じ肌でもハリとキメでは管轄が異なります。

 

キメは肌表面(表皮)の間題ですが、ハリは肌の奥(皮下組織)の問題。

 

 

そして、肌の表面と、その奥とでは、構造がまったく異なります。

 

 

アプローチの方法、すなわちスキンケアの内容有効な成分やそれを注入する方法も、肌表面かその奥かで、それぞれ違ってくるのです。

スキンケア シミ くすみケア2

 

顔のシミと小ジワ解消、たるみと潤いなども同様です。

 

顔のシミや潤いは肌表面、シワやたるみは肌の奥と、それぞれアプローチすべき場所が異なります。

 

 

それを、たとえば、美容液一本、美肌サプリメント一種で、いっぺんにカバーしようとするから、思うような肌づくりができないのです。

 

「スキンケアのためにいろいろしているのに、ちっともキレイにならない」

 

もし、あなたがそのように感じているのなら、ここでもう一度、自分のしているスキンケアについて見直してみるべきです。

 

そもそも、あなたが参考にしてきたスキンケアのノウハウそのものが間違ってはいませんか?

 

ちまたにはスキンケアに関する情報がたくさん出回っていますが、それらを読んでいると、多くの誤りに気付きます。

 

保湿クリーム

たとえば、「肌のハリを保つのは、表皮の下の真皮層で決まる」とよく書かれています。

 

確かに、真皮もハリを保つのにひと役かっています。

 

ですが、顔面を覆う真皮はその上の表皮とあわせても、わずか0.7 ミリ前後しかありません。

 

目の周りにいたっては、0~0.7ミリ前後という薄さです。

 

そんな薄い層をふっくらさせたところで、肌の弾力が蘇るはずありません。

 

実際に、肌のハリを保っているのは、真皮の下の皮下組織なのです。

 

ところが、皮下組織へのアプローチは医療行為にあたります。

 

つまり、エステティシャンやコスメの販売員など「美容のプロ」と言われる人たちは、皮下組織に対するアプローチの手段を持っていないということです。

肌荒れに悩む女性

 

そのため、皮下組織の存在は知っていても、構造や仕組みまでは詳しく知らないという「美容のプロ」が多く、結果、誤った知識を多くの女性に伝えてしまうことになっているのでしょう。

 

 

しかし、ダイエットなどもそうですが、他力本願でなんとかしようというのが、そもそもの間違いです。

女性 NO イラスト

 

肌質はひとりひとり異なりますから、他人のすすめることをそのまま鵜呑みにしても、うまくいくはずありません。

 

自分の肌のことは、自分がいちばんよくわかっているもの。

 

そうでなくてはいけないのです。

 

 

ここであらためて質問です。

 

あなたは、自分の使っているコスメがどういうものか、ちゃんと理解していますか?

スキンケア シミ くすみケア3

エステティシャンやコスメ販売員の言うままに、化粧品やサプリを選んでいません?

 

たとえば、シワを解消したいのに、美白に有効な成分を強化した美容液やサプリを使っているのではありませんか?

 

「美肌づくり」

とひとくちに言っても、顔のシミ、シワ、くすみ、大人のニキビなど、対処すべきトラブルはさまざまあります。

シミにおどろく女性

 

どんなに高価なコスメであっても、それひとつで、すべてに対応することはできません。

 

 

美肌の特効薬と言われるプラセンタでさえ、得意分野とそうでない分野とがあるのです。

 

ポイント イラスト

美肌に有効と言われる成分が、どのように肌に働きかけるのか。

 

それがわからないと、どんな”良薬”も無効になってしまいます。

 

短期間で肌のダメージを回復して、美しい肌を勝ち取るには、肌のしくみや機能についての正しい知識が欠かせません。

 

 

肌の基礎知識さえしっかり身についていれば、今の自分の肌が必要としている成分や、もっとも有効な注入法コスメで肌の上から塗るのがいいのか、それともサプリメントでカラダの内側から補うのがいいのかを、的確に判断することができます。

 

顔のシミ取り

 

 

顔のシミやさまざまな肌の悩みトラブルを撃退して、肌本来の力を蘇らせ、まるでひと皮脱いだような超美肌を手に入れる方法をご紹介しています。

 

 

顔のシミはどうして出来るの?

顔のシミの出来る要因として一番知られているのが、

『紫外線』

の影響です。

紫外線

紫外線を浴びすぎてメラニン色素が過剰に生成

 

そのメラニン色素が本来であれば肌のターンオーバーの時に、生まれ変わらないといけないのに皮膚内に残ってしまう。

 

これが、顔のシミの原因になります。

 

どうして紫外線が顔のシミに繋がるのか?

 

それは、あなたのお肌が衰えてきているから。

 

子供と同じ時間夏の炎天下で遊んでいると、よく分かります。

 

子供はシミなど出来ませんが、お母さんは顔のシミに。。。

 

それは、お肌の再生能力の差です。

 

 

お肌は20代と30代では全く違うものと認識しましょう。

 

また、食生活や質の悪い睡眠。

ストレスも顔のシミの原因になります。

 

 

自分の顔のシミはどんな種類?

 

顔のシミには先天性と後天性に分けられます。

 

先天性の顔のシミ

幼少のころからある『そばかす』『アザ』などが先天性です。

 

生まれつき色素が薄い人は、先天性のソバカスがよく見かけられます。

そばかす 白人少女

白人の少女のイメージですね。

 

日本人でも色が白い人はソバカスが目立ちます。

そばかす

 

 

 

後天性の顔のシミ

それは、肝斑老人性色素斑。または、ニキビ跡なども後天性の顔のシミです。

後天性 シミ

 

 

 

 

余談ですが、擦り傷って歳を取ると全然治らないって感じませんか?

 

昔なら1週間くらいで綺麗に治っていたのに、私は今では1ヶ月前の傷も何となく治っていないって事があります。

 

お肌の再生能力、細胞の再生能力が落ちている証拠ですよね。。

 

では、各種類と原因について説明していきます。

 

顔のシミの種類と原因

顔のシミといっても大きく5種類に分かれます。

 

自分の顔のシミが、どの種類なのか?

 

顔のシミの種類と原因と対策について少し意識するだけでも、生活が変わると思います。

 

1;老人性色素斑

お年寄りの女性を見ると、こめかみ付近に顔のシミがあります。

 

高年齢の一番一般的な顔のシミと言ってもいいでしょう。

老人性色素斑

紫外線が主な原因と言われています。

 

上記で少し触れましたが、肌のターンオーバーとの関わりが非常に深い顔のシミです。

メモ

一般的に肌のターンオーバーは28日周期と覚えている人も多いと思います。

 

 

でも実は、年代によってお肌のターンオーバーは違います。

 

下記の表を見てください。

年代 周期
20代 28日
30代 40日
40代 55日
50代 75日
60代 100日

 

20代と40代の周期は、約2倍近い違いがあります。

 

お肌の再生まで2倍近い時間がかかるので、メラニン色素がお肌にドンドン溜まってしまいます。

 

この周期の違いはくすみ・しわの原因にもなります。

 

汗をかいたまま放置するのもNGです。

 

毛穴が詰まりやすくなり、お肌のターンオーバーに影響を及ぼします。

 

 

2;肝斑

肝斑(かんぱん)は頬骨のあたりに、薄くボヤっと出来る顔のシミです。

 

20代後半から40代前半にかけて出てくるようです。

肝斑

肝斑は加齢とともに薄くなります。

 

40代くらいで肝斑に悩んでいる人は、そのままでも気にならなくなる可能性もあります。

 

顔のシミ取りをしたいと思って病院に行っても少し様子を見ることが多いようです。

 

*更年期にピルを服用していると、まれに肝斑が現れる事もあります。

*思い当たる人は、ピルの服用をやめてみると肝斑は薄くなっていく可能性もありますね。

 

 

肝斑は女性ホルモンの影響が多いと言われています。

 

女性ホルモンは二つあります。

 

エストロゲンとプロゲステロン。

 

プロゲステロンは妊娠した時や、ピルの服用時に分泌量が多くなると言われています。

 

プロゲステロンの分泌量が多くなると、メラニンも一緒に多く排出されるようです。

 

それが、ストレスや睡眠リズムの乱れ、生活リズムの乱れとともに、顔のシミに変わります。

肌の調子が良い女性

顔のシミ取りをする前に生活リズムを見直すことも大事です。

 

 

産後の『顔のシミ』の原因は、プロゲステロンの乱れと、夜泣きなどでの睡眠不足や生活リズムの乱れが、肝斑につながります。

睡眠不足 女性

 

肝斑はレーザー治療やフォトフェイシャルは不向きだと言われています。

レーザー治療は効果ある?

 

3;そばかす

白人の可愛い女の子などに、よくあるイメージです。

 

色素がもともと薄い人や、遺伝が最も多い原因と言われています。

そばかす 少女

ソバカスは医学用語で「雀卵斑(じゃくらんはん)」。

 

小さな茶色い顔のシミが鼻を中心に左右対称にあるのが特徴です。

 

小さなころから発症するのが一般的ですが、大人になってから、急にそばかすが増える人もいます。

 

生活リズムの乱れや、夏に一気に紫外線を浴びすぎたことが原因と言われています。

 

4;炎症後色素沈着

いわゆる、『アザ』です。

 

切り傷や擦り傷などが、かさぶたになり、取れた後も薄く黒ずむこと。

 

ニキビ跡ややけど痕なども、色素沈着です。

ニキビ跡

通常、肌に受けたダメージが原因でメラニン色素を活発に作り出します。

 

年齢を追うごとに、メラニン色素の排出が上手く行きません。

 

年を取ると傷跡が残りやすい。

 

これは、メラニンの排出が上手くいっていないからです。

 

顔のシミ取りの前にニキビを潰さない肌の異常時は直ぐに病院へ行く。

 

意識を変える必要があります。

 

5;老人性ゆうぜい

年を取ると、イボが出来ます。淡褐色や黒いイボです。

老人性ゆうぜい

良性のイボが殆どですが、気になる人は病院で診てもらいましょう。

 

最近は簡単にイボを取ることが出来ます。

 

 

乾燥した肌が原因で、紫外線によって更に大きく厚くなって膨らむと言われています。

 

 

要注意なシミ

赤い『シミ』ガンの種と言われています。

 

これは、要注意です。

 

もし、赤い『シミ』が出来て気になるようであれば、直ぐに診てもらう事をオススメします。

引用;ためしてガッテン 動画

 

顔のシミを取る選択肢は

選択肢は自分でするか、プロにしてもらうかを先ず決める必要があると思います。

 

顔のシミを取る為に、

 

自分がどれくらいのお金を出すことが出来るのか?

そしていつまでに取りたいのか?

 

例えば、1カ月後に同窓会があるとか。

 

3週間後に気になる彼と初めてのデートをするとか。

 

期限が決まっているなら、絶対的にプロにお願いする必要があります。

 

プロとは

美容外科もしくは皮膚科、エステやサロンのどれかになります。

 

実は皮膚科でもシミは取れるんです。

 

ただ、美容外科は最新の器械や施術を行ってくれる可能性が高いです。

 

レーザー治療が顔のシミ・くすみ・そばかす・黒ずみなどを取る方法のメインになります。

 

エステやサロンは顔のシミを取るより予防の意味合いが強いです。

皮膚科では外用薬や内服薬。

塗り薬や飲み薬での対応がメインになります。

 

レーザー治療

今、レーザー治療は美容系のクリニックだけでなく、一般の皮膚科でも治療が受けられるようになっています。

 

*お近くの皮膚科で治療をお考えなら一度お問い合わせしてみては?*

 

レーザー治療は『バチっ』っと照射(レーザーを当てること)している瞬間だけ少し痛みを感じる人もいるようです。

顔のシミ取り レーザー

 

ほとんどの人は痛みを感じないといわれていますが、敏感な人は診察の時に先生に相談したほうが良いでしょう。

 

 

 

注意点

欧米人と比較すると日本人はメラニン量が多いと言われています。

 

そのために、レーザーパワーも多く必要です。

 

ただ、レーザー照射をあてすぎると『炎症後色素沈着』と言われる顔のシミが戻ってきたような現象が起こることがあります。

 

上記のことも考えると、出来るだけ専門的な治療を長く続けているクリニックを選択するのが良いでしょう。

 

 

フォトフェイシャル

今一番メジャーな治療方法がフォトフェイシャルです。

 

フォトフェイシャルとレーザー治療は違うものです。

 

何が違うのと言われると説明が非常に難しいのですが、顔のシミに当てる光の種類が違います。

顔のシミ フォトフェイシャル

 

どうして今一番メジャーな治療方法かというと、不必要な光を当てないからお肌のダメージが少なくて済むからです。

 

全国にあるフォトフェイシャルのエステです。

【ヴィトゥレ】フェイシャルエステ革命コース

 

 

顔のシミを取ることに必要なだけの光しか当てないというイメージで良いかと思います。

 

ただし、費用もレーザーに比べるとかかります。

 

ダウンタイムも差があります。

メモ

ダウンタイムとは;術後から回復するまでの期間のことです。麻酔による腫れやむくみ、手術によるあざなど日常活動が制限される期間。普段の生活戻れるまでの期間と考えていいでしょう。

フォトフェイシャルの方がダウンタイムが短いと言われています。

 

それもまた、選ばれる理由の一つだと思います。

 

ただ、レーザー治療の交換も最近見直されています。

 

顔のシミによってはレーザー治療の方が高い効果を望める事もあるそうです。

 

 

塗り薬

ハイドロキノン軟膏

漂白作用が強いのが特徴です。

メモ

ハイドロキノンは肌の漂白剤といわれているほどです。メラニンが作られるのを抑えてくれるという優れもの。顔のシミには効果が高いと言われています。

効果が高いぶん、使い方には注意が必要です。濃度は5%未満であれば副作用は起きにくいとされています。購入の際は注意してください。

 

 

トレチノイン軟膏

これは皮膚のターンオーバーを促し、メラニンを排出して潤いをよみがえらせる。

 

簡単に言うと、外部から自分の肌の復活力を助ける感じですね。

 

薬用 ケシミンはCMなどで有名ですね。詳しくはこちらからどうぞ。

ケシミンクリーム

 

ポイント;トレチノインは単体で使うよりハイドロキノンの合わせて使うことが非常に効果的です。

 

NHKでも紹介された方法です。

6月25日のNHKあさイチ!の特集は「顔のしみ・しわ・たるみ」最新美容医療の最前線を紹介。

 

アンプルールは新安定型ハイドロキノンをマイクロカプセル化。

 

 

 

馬油

馬油の効果として、血行促進・抗酸化作用があります。

 

やけど痕などにも使われています。

 

中国やモンゴルの遊牧民などが、何百年も前から使用していたそうです。

 

ニキビやアトピー性皮膚炎などにも使用しているそうです。

 

新陳代謝が良くなるので、お肌の再生サイクルが効果的になります。

 

サイクルが良くなるので、『顔のシミ』を内部から取ることが可能になります。

 

使い始めは一瞬濃くなった感じがするそうですが、その後薄くなるのである程度の期間続けないと判断が難しいです。

 

黒くなるのは好転反応のようです。

 

 

顔のシミを取ることにも効果を発揮してくれるので、最近は馬油配合の美容液が人気です。

 

 

飲み薬

トランサミン

メラニン発生の一つとされる因子をブロックし、メラニン発生を抑制します。

 

ビタミンC誘導体

CMなどでも耳にしたことがあると思いますが、メラニンに働きかけ色素沈着を緩和します。

 

ビタミンE

ビタミンCと組み合わせると相乗効果が期待できる、若返り成分とも言われるのがビタミンEです。

 

L-システイン

メラニンの還元力が高い、美白効果が期待できます。

 

これもビタミンCと摂取すると相乗効果が期待できます。

 

塗り薬が万が一肌に合わなくても皮膚科での処方なので、直ぐに別の治療薬・塗り薬を出してもらえる安心はあります。

 

そして費用は皮膚科が断然安くすみます。

 

保険もきくので普通に通院をするイメージで予算はOKです。

 

皮膚科での処方以外でも医薬品の塗り薬や飲み薬を入手する事は可能です。

 

きちんとした医薬品メーカーの公式サイトから購入出来ます。

 

医薬部外品という選択肢もあります。

 

*医薬品と化粧品の中間的な分類*

 

期限がかなり切羽詰っているなら美容外科でのレーザー治療です。

顔のシミ レーザー

(皮膚科でレーザー治療を行っていても、保険適用外の可能性が強いです)

 

皮膚科での治療もある一定の期間は必要になります。

 

効果が感じられるまでに3カ月くらいは必要なようです。

shimi1

 

顔のシミの取り方 都市伝説?

よくある都市伝説の一つです。

*イボコロリ

 

イボコロリが顔のシミ取りに良いという話を聞いたことがありませんか?

 

ハッキリ言います。

やめておきましょう。

 

体験談をご紹介します。

  • ドラッグストアでイボコロリを購入。値段は 1000 円もしなかったと記憶しています。さすがに、いきなり顔に使うのは怖かったので、学生の頃から気になっていた腕のシミで試してみました。イボコロリを塗布して数十分、少しヒリヒリしてきたところで白く固まったものをガムテープで剥がしました。皮膚は赤みを帯びていましたが、それもすぐに解消し、その後は黒ずんでかさぶたとなりました。
  • 数日後、そのままかさぶたが剥がれてシミが取れた肌が露出すると思ったのですが、黒ずんだ部分に変化がなく、お風呂のタオルでゴシゴシこすってみましたが、かさぶたが剥がれただけでヒリヒリ感が再発。30 代にしては肌の回復力が悪いのか、ネットで話題となっていた 1 週間から 10 日間はあっという間に過ぎ去っていました。
  • その後、再度かさぶたになったので自然に剥がれるのを待っている状態ですが、うまくかさぶたにならなかった箇所はシミに大きな変化はなく、こちらも経過待ちといった状態です。お風呂など、水に浸かると少し色は目立ちますが、乾燥している状態では少しシミが薄くなったかなという気もします。とにかく時間が解決してくれることを祈りながら経過観察中。
  • (半年経過した後の感想)
    結果、半年後もシミに変化はなく腕は失敗という結果となりました。イボコロリを塗布してからの放置時間など、微調整なのかもしれませんが、この調整を顔の肌で特に女性の方がやるにはリスクがかなり大きいような気がしています。

 

 

ひまし油+重曹

これも一時期ネット上で言われていました。

 

うーん。。

やめておいたほうが無難だとは思います。

おでこ きれいな肌

 

その他、アロエやヨーグルト、玉ねぎの汁など色々な話があります。

 

リスクを取って、こういう都市伝説を試すくらいであれば、安全性の高い物を選びましょう。

 

顔のシミ予防

お金がある人は、ケアもプロにして貰うことが出来ると思います。

 

エステやクリニックでの美白ケア。

 

ケアする飲み薬で今一番話題で人気があるのが《プラセンタ》です。

 

ご存知の方も多いと思いますが、プラセンタとは胎盤のことです。

 

間違いなく美肌・美白への近道です。

 

ハッキリと言えるのは、胎盤は全ての始まりであり、創造の元です。

 

プラセンタエキス30,000mg高配合!!わたしのプラセンタ

今24,000円以上お得になる

キャンペーンをしていました。

*いつ終わるか不明なので終了していたらごめんなさい*

 

 

予防をする意味で大事なのは毎日使う化粧品ですね。

 

顔のシミやくすみが20代に比べて40代になるとどうして出るのか?

 

肌本来のセルフクリア機能が低下しているからなんです。

 

そこに注目したのが美白ブランドNo1のポーラさんです。

 

どうして美白ブランドNo1なのか?

 

先ずは歴代の『ホワイトショット』は、数多くのNo1を受賞していること。

サプリメントOK

さらに、美白に欠かせない《ビタミンC誘導体》は何を隠そうポーラさんが開発した成分なんです。

 

 

そんなポーラさんが今イチオシが

【カウンセリング A POLA】ホワイトショット

です。

 

 

累計出荷本数がなんと

600万本の美容液\(◎o◎)/!

 

ホワイトショットは業界初のセルフクリア機能とメラニンロック機能、そして肌の糖化に着目した美白美容液。

 

美白のポーラさんは、『顔のシミ』を気にする人のためにあるメーカーさんだと思います。

 

生活習慣

飲み薬でも紹介しましたが、顔のシミになりにくい食事内容、美白効果が望める食事内容を紹介します。

 

ビタミンC

ビタミンCは美白効果望める代表的なものです。

ビタミンC君

活性酵素を除去すると言われています。

 

抗酸化作用が高く、

メラニンの生成を抑える力もあります。

 

代表的な食材は、

  • パプリカ(赤・黄)
  • 菜の花
  • 芽キャベツ
  • ブロッコリー・カリフラワー
  • ケール

などです。

 

ビタミンB2

代謝を高める効果があります。

代謝を高めるとメラニンの排出、

肌のターンオーバーに効果的です。

 

代表的な食材は

  • 豚レバーや牛レバー
  • キャビア
  • 鶏はつ(心臓)
  • いかなご
  • うなぎ

などです。

納豆なども多く含まれています。

 

L-システイン

肌の代謝を正常化すると言われています。

ビタミンB2と一緒に取ると

更に効果が望めます。

 

代表的な食材は

  • 豚肉(赤身)
  • しゃけ
  • にんにく
  • 玉ねぎ
  • たまご

などです。

 

リコピン

ビタミンEと比較すると

100倍の抗酸化作用が望めると言われています。

 

代表的な食材は

  • トマト
  • ミニトマト
  • スイカ
  • ピンクグレープフルーツ

赤い色をしている食材です。

 

アスタキサンチン

活性酵素を除去する効果が望めます。

肌の老化を防ぐ働きが強いアスタキサンチン。

 

ダメージを受けたお肌などには、効果的な食材です。

夏 日焼け止め 女性

夏の日焼けシーズンで活躍してくれます。

 

代表的な食材は

  • 桜エビ
  • 紅鮭
  • イクラ
  • スジコ
  • エビ・カニ

この食材はアレルギー反応を起こす方もいるかと思います。

 

サプリメントで補給するのがオススメです。

 

プロテオグリカン、アスタキサンチン、マルチビタミン他16種の美容成分配合【マスターホワイト】

 

エラグ酸

ポリフェノールの一種です。抗酸化作用が高いので、肌の代謝がよくなり老化防止につながります。

 

代表的な食材は

  • ザクロ
  • ブルーベリー
  • クルミ
  • クランベリー
  • イチゴ

などのベリー系に多い成分です。

 

 

どうせお酒を飲むなら女性はワインがオススメ。

 

美白効果が望めるレシピも紹介しておきますね。

美肌&美白✩キウイスムージー

 

 

シミを隠す

どうしても時間がないときは隠す以外に手はありません。

 

隠す方法は、やはりお化粧ですね。

 

この動画はものすごく参考になります。濃い『顔のシミ』を、どうしても明日のデートでは消したい人。

隠したい人。

必見ですよ。

af9970047516

NEWS

美白化粧品をあきらめかけている人は

何を使っても効果がなかった人へ

 

これが最後の美白です!

シミを予防する製品と

シミを薄くする製品の差を感じてください!

自信の365日返金保障!

驚きの98.5%のリピート!

 

今だけ

トライアルセットが

71%OFFの

6,412円1,800円

今だけなのでお早めに!

 

下記をクリックして内容を確認してください。

 

人気のシミ薬ランキングはこちらをクリックして参考にしてください。

 

 

更新日:

Copyright© 顔のシミ取り自宅で取る方法【最新情報】 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.